このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
パリ、18区、夜。

パリ、18区、夜。

A 長編映画 by Claire Denis

Produced by Arena Films

Release in France : 18/05/1994

  • Contents

俳優 (34)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Arena Films

Foreign production companies :

Vega Film, AGORA FILMS (Allemagne)

フランス国内配給 :

Pyramide Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (10)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ダイガ(カテリーナ・ゴルベヴァ)は叔母ミナ(イリーナ・グレビナ)を頼ってパリにやってきた。彼女は故郷リトア ニアで会った演出家の口約束を信じて、パリで女優になる気でいる。叔母と同じアパートに住む老女が殺されていた。独り暮らしの老女を狙った連続殺人犯の新 たな犠牲者だ。ジャズ・バイオリニストのテオ(アレックス・デスカス)の部屋には弟のカミーユが泊まっている。テオは妻子とマルティニクに移住したいと 思っており、反対する妻のモナ(ベアトリス・ダル)は家出している。ゲイであるカミーユは衣装屋(ダニ)から服を調達し、仕事場のゲイバーで恋人のラファ エル(ヴァンサン・デュポン)と落ち合う。ミナは友人でホテルを経営するニノン(リーヌ・ルノー)にダイガを紹介、彼女は当分そのホテルに住み込む。ホテ ルで彼女はカミーユとラファエルが愛し合うのを盗み見る。夜、カミーユはゲイバーのショーで歌う。テオの家では隣の夫婦喧嘩で幼い息子が眠れず、親子は屋 上で星を見ながら眠る。そこに妻のモナも帰ってきた。二人はなんとか絆を取り戻そうとしているが、テオの考えにモナはどうしてもついていけない。病院でエ イズ感染の診断を受けたカミーユは兄に相談にいくが、ちょうどモナの家族が来て口論の真っ最中、何も言えず去り、ゲイ・ディスコで見知らぬ男と踊る。ダイ ガは劇場に例の演出家を訪ねるが、空望みだったことを知る。カミーユとラファエルはある老女の住むアパートを襲い、彼女を殺して金を盗む。だがその被害者 は死んではいなかった。車を売ろうとしたダイガはちょっとしたことから警察に連れていかれ、そこで老女連続殺人犯の似顔絵を見て、ホテルの同性愛カップル だと見抜く。カミーユは白人の医師(ロラン・グレヴィル)とも寝ており、ラファエルとの関係は微妙だ。ラファエルはカミーユが恐ろしくなって彼から逃げだ そうとさえするが、引き止められる。二人は半ば自暴自棄に犯行を繰り返す。ある晩。街を彷徨うカミーユを警察がついに彼を逮捕する。殺された老女たちの名 を読み上げる刑事に、カミーユは無表情に次々と自分の犯行を認めた。モナがテオを訪ねるが、彼は警察に行って留守だった。警察ではテオとカミーユ兄弟の母 が、カミーユにお前なんて生まなければよかったのに、と叫ぶ。カミーユは黙ったまま警官に連れていかれる。ホテルではダイガがカミーユたちの部屋に忍び込 み、隠されていた金を盗んで旅立つ。

Source : movie.walkerplus.com

クレジットタイトル詳細 (19)

製作代表 :

Bruno Pesery

Associate producers :

Fabienne Vonier, Ruth Waldburger

あてレコ :

Didier Sandre

Director of photography :

Agnès Godard

音声アシスタント :

Emmanuel Ughetto

報道担当(映画) :

Dominique Segall

スクリプト :

Zoé Zurstrassen

作曲家 :

Jean-Louis Murat, John Pattison

Costume designer :

Claire Fraïssé

スチールマン :

Isabelle Weingarten

Assistant directors :

Olivier Coutard, Nils Hoffet, Gabriel Julien-Laferrière

Screenwriters :

Claire Denis, Jean-Pol Fargeau

Co-producer :

Fabienne Vonier

録音技師 :

Jean-Louis Ughetto

Production manager :

Catherine Chouridis

Editor :

Nelly Quettier

Production Designers :

Arnaud de Moleron , Thierry Flamand

キャスティング :

Frédérique Moidon

サウンド・ミキサー :

Thierry Lebon

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

殺人, 軽犯罪

言語 :

フランス語

出身 :

スイス, ドイツ, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (スイス, ドイツ, フランス)

製作年 :

1994

フランス公開 :

18/05/1994

上映時間 :

1 時間 50 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

82.962

ビザ発行日 :

01/06/1994

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSR