このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ブルジョワジーの秘かな愉しみ

ブルジョワジーの秘かな愉しみ

A 長編映画 by Luis Bunuel

Produced by Greenwich Film Productions

Release in France : 15/09/1972

    あらすじ

    ここはパリにあるラテン・アメリカの新興国ミランダ共和国大使館の一室である。大使(F・レイ)を囲んでセネシャ ル(J・P・カッセル)とテブノ(P・フランクール)の三人が何やら密談をしている。やがて、大使がバッグからいわくあり気に取り出したのは麻薬のコカイ ンだった。三人はニンマリとほくそ笑んで各自の分け前を手にして去った。その夜、セネシャル家の晩餐に招ばれていた大使とテブノ、テブノ夫人(D・セーリ グ)、そして独身でアル中の女フロランス(B・オジエ)は連れ立って出かけたが、主人のセネシャル夫人(S・オードラン)は「約束は明晩です」といって怪 訝な顔をした。仕方なく一同は行きつけのレストランに足を運んだが、そこでは今朝死んだという店の主人の通夜が行なわれていた。以後、幾度か食事をしよう とするが、その毎にアクシデントが起こって何も食べられなかった。またある日に、こんなことがあった。再びセネシャル家の昼食に招ばれた大使とテブノ夫 妻、フロランスが支度の整ったテーブルについて食事が始まるのを待っていたが、セネシャル夫妻はいっこうに姿を現わさない。二人は突然セックスの欲望にと り憑かれ、招いた客を放っぽりだして庭園で情交をむさぼっていたのである。そんなこととは知らない客たちは、さてはあの麻薬の件を密告されたのではとかん ぐり、争って逃げ帰ったのである。その直後、セネシャル家に一人の司教が訪ねてきて、庭番に雇って欲しいという変な頼みをした。--ところで、数日前、セ ネシャル家に演習中の陸軍の大佐と、その軍隊が闖入するという事件があったが、そのお詫に大佐が、大使たちを晩餐会に招待した。しかし、一行は家を間違え てなぜか劇場の舞台の上にしつらえられた食卓にいたのである。幕が開いた途端、観衆たちは不様な恰好で食物を漁っている彼らをヤジリとばすという珍事が起 こった。こうして、彼らの渇望している食事はすべて彼らの前に現われては消え、次第に食事を夢にまで見るようになった。数日後、大佐の家の晩餐会では大使 と大佐の口論から、大使がピストルで大佐の胸を射ち抜くという惨事が勃発した。とうとう彼らの身辺に危機が及んできたようだ。セネシャル家の食事の最中に 突然刑事がやってきて、一同は麻薬密売の容疑で逮捕されてしまったのである。警察に連行された大使たちは悪事にもかかわらず、内務大臣じきじきの取りはか らいですぐ釈放された。しかし、彼らはだんだん現実の感覚を失っていき、あるときは、強迫観念から夢の中でまで食いそこなったり、恐ろしい夢にうなされた りするようになるのである。その頃、セネシャル家に住みこみ、淫猥な夢想を楽しんでいた司教は、瀕死の病人の懺悔に祈りをささげていた。ところが、病人が 懺悔し終えるや否や、銃を手にした司教は銃口を病人の頭に向けたのである。病人の告白は司教に遠い昔、血まみれの中で起きた鮮烈な記憶を甦えらせていた。 「私は昔、庭番でした。そのとき、私は冷淡な主人夫婦を殺したのです……」。何と殺された夫婦こそ、司教の両親だったのである。--さて、ブルジョワたち の怪奇な物語は、まだまだ続くようであるが、ついに彼らは一堂に会して待望の食事を楽しむ日を持つことができたのである。フォアグラ、年代もののブドウ 酒、食卓には次々に豪華な料理が並べられていく。彼らは優雅な手つきでグラスを交わし、フォークとナイフを取る。と、突然激しくガラスを打ち砕く音がし、 屈強なテロリストの一団が彼らを襲撃してきた。ブルジョワたちは一瞬のうちにテロリストに射殺された。こうして不可思議な幻想と現実のなかで、彼らブル ジョワジーたちの饗宴は閉じられたのである。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (32)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Greenwich Film Productions

    Film exports/foreign sales :

    Lumière International

    Foreign production companies :

    Jet Films, Dean Film

    フランス国内配給 :

    Fox France

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (10)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (15)

    製作代表 :

    Serge Silberman

    Dialogue Writers :

    Jean-Claude Carrière, Luis Bunuel

    フォトディレクター :

    Edmond Richard

    撮影技師 :

    Bernard Noisette

    Editor :

    Hélène Plemiannikov

    装飾 :

    Pierre Guffroy

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Carrère

    演出助手 :

    Jean Lara

    監督補佐 :

    Pierre Lary

    Screenwriters :

    Jean-Claude Carrière, Luis Bunuel

    録音技師 :

    Guy Villette

    製作部長 :

    Ully Pickardt

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    Costume designer :

    Jacqueline Guyot

    スチールマン :

    Yves Manciet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, スペイン, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, スペイン, フランス)

    製作年 :

    1972

    フランス公開 :

    15/09/1972

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    39910

    ビザ発行日 :

    19/09/1972

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (6)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    オスカー  - 1973

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1973)

    Selection (2)

    Nomination for Best Foreign Language Film

    Nomination for Best Original Screenplay : Luis Bunuel, Jean-Claude Carrière

    受賞 (2)

    オスカー  - 1973

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1973)

    セザール最優秀外国映画賞

    French Syndicate of Cinema Critics - 1972

    French Syndicate of Cinema Critics (1972)

    French Syndicate of Cinema Critics Price