このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
他人の血

他人の血

A 長編映画 by Claude Chabrol

Produced by Cine simone, Filmax

Release in France : 02/05/1984

    あらすじ

    第二次世界大戦の影が忍び込んでる1930年代のパリ。服飾家のエレーヌ(フォスター)はレジスタンスのジャン(オントーキン)に恋心を抱く。しかし彼にはレジスタンス運動に情熱を注いでおりしかもすでに恋人が居た。それでもエレーヌは諦めきれず積極的な態度に出る。やがて根負けしたジャンもエレーヌに惹かれ始め、やがて愛し合うようになるが戦争の影は容赦なく彼らにも忍び寄り、やがてエレーヌは運命に翻弄され、戦争によって引き裂かれていくが…。

    Source : Wikipedia

    俳優 (58)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Cine simone, Filmax

    海外製作作品 :

    International Cinema Corporation (ICC)

    共同製作 :

    Films A2

    Film exports/foreign sales :

    Artedis

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    ジョディ・フォスターが少女時代に出演して以来のフランス作品で、巨匠クロード・シャブロルが手掛けた大河ロマン。国際色豊かな大作にも関らず日本では劇場未公開。ジョディは戦争の影が忍び寄るパリを舞台に、運命に翻弄されるヒロインを演じた。

    Source : Wikipedia

     J・フォスターを初め各国のスターが多数共演し、かつてヌーヴェル・ヴァーグで名を馳せたシャブロル監督によって描かれたラブ・ロマンス。1938年、パリ。洋服店でデザイナーをする自己中心的だが情熱的な娘エレーヌ(フォスター)。彼女はある日、ファシズムに抵抗する政治運動家ジャン(オントキーン)に出会い、彼に切実なる想いを抱く。彼には恋人がいて、そのため、彼女を頑なに拒み続けるが、やがて彼女の積極的な愛の前に心が傾き、二人は愛し合うようになる。しかし、そんな中、戦争が勃発し……。愛に全てをかける女と、使命に全てをかける男。すでに定石となっている男と女のすれ違いを、戦争という激動の時代を背景に描いたこの作品、メロドラマとしては平凡。しかし、やはりJ・フォスターの演技は上手く、情熱的な女の姿を“悪女”ともとれる表情で巧みに表現。ヒロインに深いイメージを与えている。また、彼女に一目惚れをし、自己破壊的な盲目の愛に陥っていくドイツ人演じるS・ニールの役どころも良く魅力的。だが、そのためM・オントキーンの印象がすっかりかすれてしまった。97年のには、J・フォスターの入浴シーンなどを追加した「特別編」が新たにリリースされている。

    Source : allcinema.net

    クレジットタイトル詳細 (19)

    Assistant directors :

    Philippe Delarbre, Michel Dupuy

    原作者 :

    Simone de Beauvoir

    Screenwriter :

    Odile Barski

    Co-producers :

    Denis Heroux, John Kemeny

    Sound recordists :

    Patrick Rousseau, Jean-Bernard Thomasson

    撮影技師アシスタント :

    Philippe Houdart

    製作部長 :

    Jacques Bourdon

    スクリプト :

    Aurore Chabrol

    Production designers :

    François Comtet, Nicole Rachline

    演出助手 :

    Daniel Szuster

    Adapter/dialogue writer :

    Brian Moore

    Producers :

    Gabriel Boustani, Nader Atassi

    あてレコ :

    Bernard Le Coq, Jacques Frantz

    フォトディレクター :

    Richard Ciupka

    Sound assistants :

    Jean-Pierre Duret, Véronique Gabillaud

    撮影技師 :

    Michel Thiriet

    Editors :

    Monique Fardoulis, Yves Langlois

    作曲家 :

    François Dompierre, Matthieu Chabrol

    サウンド・ミキサー :

    Maurice Gilbert

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    戦争

    言語 :

    フランス語, 英語, ドイツ語

    出身 :

    フランス, カナダ

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, カナダ)

    製作年 :

    1983

    フランス公開 :

    02/05/1984

    上映時間 :

    2 時間 15 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    57.046

    ビザ発行日 :

    09/05/1984

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー