このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
左側に気をつけろ

左側に気をつけろ

A 短編映画 by René Clément

Produced by Cady-Films

製作年 : 1936

  • Contents

俳優 (3)

映画製作・配給会社 (2)

製作代表 :

Cady-Films

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

と或る田舎町。電報が届き町は沸き立つ。次のボクシングの試合に莫大なファイトマネーがかけられたのだ。農家の息子でボクシングマニアのど素人ロジェ(ジャック・タチ)はチャンピオンの練習相手として入門書片手にリングに立つハメになるのだが…。『鉄路の斗い』以前のクレマンと『のんき大将』以前のタチの邂逅。意味があるわけでもないが或る種の歴史的符丁として記録には値する。

Source : cinema.intercritique.com

Subject

Point of view

A very young-looking Jacques Tati provides some good moments in this generally amusing early feature. The overall style of the comedy (which was directed by René Clément) is somewhat different from Tati's own, but with some hints in his character of things to come.

The simple story has Tati's character working on a farm when he meets a boxer who is in training nearby. The early parts are pleasant, if a little slow, but when Tati gets in the ring with the boxer, the pace starts to build up quickly, leading to a madcap climax. It makes fairly good use of the opportunities, and it is particularly funny to see Tati's character keep trying to refer to the boxing manual. It's a good gag, and not an easy one to pull off that smoothly.

No one would compare this with Tati's best features, but it is a solid comedy with some good laughs. If it had been a Hollywood short comedy of the mid- to late-1930s, it would probably have been a little above average.

Source : IMDb

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (4)

せりふ作者 :

Jean-Marie Huard

シナリオライター :

Jacques Tati

プロデューサー :

Fred Orain

作曲家 :

Jean Yatove

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

テーマ :

スポーツ

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1936

上映時間 :

12 分

ニュメロ·デ Visa :

4980

ビザ発行日 :

22/10/1946

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

Audio format :

モノラル