このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
死と処女

死と処女

A 長編映画 by Roman Polanski

Release in France : 29/03/1995

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (4)

海外製作作品 :

Capitol Films

フランス国内配給 :

Pyramide Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (25)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

シューベルトの室内楽曲『死と処女』をモチーフに、忌まわしい過去を巡って、3人の男女が密室で激しい葛藤を繰り広げる心理サスペンス。アリエル・ ドーフマンの同名戯曲を、「赤い航路」の鬼才ロマン・ポランスキーの監督で映画化。製作は同作のブロードウェイ公演も手掛けたトム・マウントとジョシュ・ クレイマー。脚本は「フィアレス」のラファエル・イグレシアスとドーフマンの共同。撮影は「ウエスタン」「薔薇の名前」の名手トニーノ・デリ・コリ、音楽 はウォジシェッチ・キラー、美術は「テス」(アカデミー賞受賞)、「存在の耐えられない軽さ」のピエーレ・グフロイ。衣装は「バリー・リンドン」「炎のラ ンナー」で2度オスカーを手にしたミレナ・カノネロ、編集は「テス」「愛と宿命の泉」のハーブ・デ・ルーズと、国際色豊かな人材が結集。メインキャストは 3人のみで、「エイリアン」3部作のシガニー・ウィーヴァー、「シンドラーのリスト」のベン・キングスレイ、「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のスチュアート・ウィルソンが火花散る熱演を見せている。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

"I wrote this play in reference to a specific country, Chile, while making sure that it would function in other contexts. I removed all ethnic elements from it in order to make it accessible to as wide an audience as posible. Among the numerous directors who expressed interest in the project, I immediately preferred Roman Polanski. He knows what violence is, he has crossed its path in his life. He has lived exil, like me. He was the ideal man for the situation. I was fascinated by his work. The actors, the lighting, the set, the props-everything forms a whole in his cinema. He has a particular affinity with the thriller and he's a perfectionist."

(Ariel Dorfman - Author / co-screenwriter / co-producer)

クレジットタイトル詳細 (23)

Assistant directors :

Patrick Boshart, Michel Cheyko

プロデューサー :

Thom Mount

Co-producers :

Sergio Gobbi, Jean-François Lepetit, Ariel Dorfman

録音技師 :

Daniel Brisseau

撮影技師アシスタント :

Pierre Barougier

製作部長 :

Patrick Gordon

編集担当 :

Hervé de Luze

Assistant editors :

Rose-Marie Lausson, Raphaël Péaud

装飾 :

Pierre Guffroy

スタントマン :

Jean-Louis Airola

美術部長 :

Claude Moesching

スチールマン :

François Duhamel, Luc Roux

原作者 :

Ariel Dorfman

Screenwriters :

Rafael Yglesias, Ariel Dorfman

フォトディレクター :

Tonino Delli Colli

音声アシスタント :

Jean-Marie Blondel

撮影技師 :

Jean Harnois

報道担当(映画) :

Jean-Pierre Vincent, Sandrine Lamantowicz

音声編集担当 :

Laurent Quaglio

スクリプト :

Sylvette Baudrot

作曲家 :

Wojciech Kilar

Costume designer :

Milena Canonero

Sound mixers :

Jean-François Auger, Anne Le Campion

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

言語 :

英語

出身 :

イギリス, アメリカ合衆国, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (イギリス, アメリカ合衆国, フランス)

製作年 :

1994

フランス公開 :

29/03/1995

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

85.154

ビザ発行日 :

21/04/1995

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビー