このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
百一夜

百一夜

A 長編映画 by Agnès Varda

Produced by Ciné-Tamaris

Release in France : 25/01/1995

  • Contents

俳優 (50)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Ciné-Tamaris

Film exports/foreign sales :

Roissy Films

海外製作作品 :

Recorded Picture Company

フランス国内配給 :

Fox France

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (12)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

映画発明百年を祝福するとともに、そのイメージと幻想の制度を挑発的に解体してみせる形而上学的コメディ。監督・脚本はヌーヴェルヴァーグ出身の女 性映画作家でフィクションとドキュメンタリーの狭間で独特の映像表現を繰り広げる「ジャック・ドゥミーの少年期」のアニェス・ヴァルダ。製作会社はヴァル ダのプロダクション、シネ・タマリスと、「魅せられて」「クラッシュ」など国際的に活躍する独立プロデューサー、ジェレミー・トーマスのレコーデッド・ピ クチャーズ。製作総指揮はドミニク・ヴィニェ。撮影はエリック・ゴーティエ、美術はシール・ボアタールとセドリック・シモノー、編集はユーグ・ダルモア、 録音はジャン=ピエール・デュレとアンリ・モレルがそれぞれ担当。衣裳はヴァルダの娘で、義父ジャック・ドゥミー監督作品で知られるロザリー・ヴァルダ。 出演は映画百年の歴史がそのまま人格と化したシモン・シネマ氏に、仏映画第一世紀記念委員会委員長を務める名優ミシェル・ピコリ、その友人に「愛のめぐり あい」などののベテラン、マルチェロ・マストロヤンニ(96年死去)、ヴァルダとドゥミの子息マチュー・ドゥミー(「カンフー・マスター」)、「そして僕 は恋をする」のエマニュエル・サランジェ。本作でヴァルダがオマージュを捧げている相手ルイス・ブニュエルの声(台詞は「記念行事に死を、忘却万歳!」) は、ブニュエル映画の常連で実際に巨匠の声態模写を特技にしている「ナサリン」のフランシスコ・ラバル。豪華なゲスト陣には、アヌーク・エーメ、ファ ニー・アルダン、ジャン=ポール・ベルモンド、死神役にロマーヌ・ボーランジェ、「冬の旅」でヴァルダと組み、ジャンヌ・ダルクに扮して登場するサンド リーヌ・ボネール、バス・ガイド役でジャン=クロード・ブリアリ、スター然とヘリコプターで登場するアラン・ドロン、豪勢でロマンチックな舟遊びを楽しむ カトリーヌ・ドゥヌーヴとロバート・デ・ニーロ、ジェラール・ドパルデュー、ハリソン・フォード、ジーナ・ロロブリジダ、ジャンヌ・モローとハンナ・シグ ラが次々とシモン・シネマ氏を訪問する。またカメオ的な特別出演にはさらにサビーヌ・アゼマ、ジェーン・バーキン、アリエル・ドンバル、スティーヴン・ ドーフ、アンドレア・フェレオル、レオナルド・ディカプリオ、ダリル・ハンナ、ジャン=ピエール・レオ、マーティン・シーン、ハリー・ディーン・スタント ン、仏国際映画配給公社ユニフランス・インターナショナルの会長ダニエル・トスカン・デュ・プランティエらが顔を揃えている。さらにリュミエール兄弟の 「列車の到着」に始まり、無声映画の傑作、トーキー古典時代を経て、現在に至る、映画百年の歴史を彩る様々な映画の抜粋映像が挿入される。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

"This vast collage contains all the grace, poetry and colourful charm that make up Varda's world."

(M. Pascal - Le Point)

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (16)

製作代表 :

Agnès Varda

Producer :

Agnès Varda

Screenwriter :

Agnès Varda

フォトディレクター :

Éric Gautier

報道担当(映画) :

Etienne Lerbret

音声編集担当 :

Dominique Vieillard

スクリプト :

Valentine Sentier-Devos

Costume designer :

Rosalie Varda

監督補佐 :

Didier Rouget

エグゼクティブプロデューサー :

Dominique Vignet

あてレコ :

Francisco Rabal

Sound recordists :

Jean-Pierre Duret, Henri Morelle

編集担当 :

Hugues Darmois

Assistant editor :

Brigitte Chanteloube

Production Designers :

Cyr Boitard, Cédric Simoneau

演出助手 :

Éric Zaouali

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

テーマ :

シネマ, 老い

言語 :

フランス語

出身 :

イギリス, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (イギリス, フランス)

製作年 :

1994

フランス公開 :

25/01/1995

上映時間 :

2 時間

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

84.666

ビザ発行日 :

19/01/1995

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーA

禁止 :

なし

Posters (1)

Director

映画祭でのセレクション

ベルリン国際映画祭 - 1995

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1995)

Selection

Official Competition

代表団