このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
プロビデンス

プロビデンス

A 長編映画 by Alain Resnais

Produced by Citel Films, Action film

Release in France : 09/02/1977

    あらすじ

    著 名な作家クライヴ・ランガム(ジョン・ギールグッド)は、病魔に冒され、“プロビデンス”という名の館に、その病身を横たえていた。彼は78歳の誕生日の 前夜、眠れないままに、恐らく最後となるであろう作品を思い描いていた。その作品は彼自身と彼自身の過去に関するもので、息子のクロード(ダーク・ボガー ド)をはじめとする彼の家族が登場する。だが同時に彼は悪夢に責めさいなまれていた。サッカー場では多くの老人たちが捕えられ、閉じこめられる。クライヴ は、クロードを小説の中で峻厳な検事に仕立て、法廷場面で論告に立たせる。クライヴの庶子ケビン(デイヴィッド・ワーナー)は、若い兵士となり、獣のよう な森の隠者を安楽死させたことで告訴されている。被告を追及するクロードに妻ソニア(エレン・バースティン)は反発し、放免されたケビンに魅かれる。この ことを知ったクロードは、ソニアと別れることを考え、愛人ヘレン(エレーン・ストリッチ)と新生活に入ろうとするが、ヘレンは不治の病に冒され、余命はい くばくもない身だ。この小説の中の主人公たちも、悪夢の中に取りこまれてゆき、2つの異なった世界を、“プロビデンス”が結びつける。この空想の世界は、 クライヴの庭園で行なわれる現実の生活と融け合い、混りあう。そして、彼が家族を招いて自分の78歳の誕生日を祝う時、小説に描かれた人物とは全く異なっ た様相の家族たちが現われる。クロードとソニアは愛し合っており、ケビンはスイスに住み、こうして時々館を訪れる。また、ヘレンという人物は、クライヴの 妻モリーが演じた役で、彼女は、不治の病に冒され、自殺したことが明白になる。このように、小説の中と、現実の結びつきが明らかにされてくる。クライヴ は、こうして他人を描きながらも、実は自分のある隠された面を描いているのである。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (6)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Citel Films, Action film

    Co-productions :

    Action Films, France 3 Cinéma

    Associate producer :

    Société Française de Production (SFP)

    Film exports/foreign sales :

    Jupiter Communications

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    The film contains a unique variety of visual techniques which illustrate Langham’s internal editing of his material. We watch one scene evolve, and after several minutes, Langham decides that the dialogue is all wrong. The scene is performed again with different dialogue accompanying the basic actions of the scene. The most unusual example of internal editing is a scene between Dirk Bogarde and Ellen Burstyn. Burstyn enters the frame on the left side through a door. The camera then follows the characters in one continuous shot as they walk to the other side of the room, as their conversation progresses. In the end, Burstyn returns to the side of the room where the door was. Now the door is gone, and she must descend a flight of stairs for her exit from the scene.

    The film won seven César Awards, including Best Film, Best Director and Best Editing, as well as the New York Film Critics Circle Award for John Gielgud.
    Although he was one of the preeminent theatre actors of the 20th century, Gielgud felt that this was his only completely successful attempt at film acting.[1]
    The bipartite structure of Providence has been identified by critics as a precursor to David Lynch's Lost Highway (1997) and Mulholland Drive (2002).

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Klaus Hellwig, Yves Gasser

    Producers :

    Yves Gasser, Yves Peyrot, Klaus Hellwig

    シナリオライター :

    David Mercer

    フォトディレクター :

    Ricardo Aronovich

    Production managers :

    Michel Choquet, Antoine Gannagé

    音声編集担当 :

    Claude Plouganou

    スクリプト :

    Marie-José Guissart

    美術装飾 :

    Jacques Saulnier

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Maumont

    Assistant directors :

    John Lvoff, Florence Malraux, Guy Pinon

    エグゼクティブプロデューサー :

    Philippe Dussart

    Co-producer :

    Lyse Fayolle

    録音技師 :

    René Magnol

    編集担当 :

    Albert Jurgenson

    編集アシスタント :

    Jean-Pierre Besnard

    作曲家 :

    Miklos Rozsa

    Costume designer :

    Catherine Leterrier

    演出助手 :

    Gérard Gaultier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    形而上的実験映画

    テーマ :

    老い

    言語 :

    英語

    出身 :

    フランス, スイス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, スイス)

    製作年 :

    1977

    フランス公開 :

    09/02/1977

    上映時間 :

    1 時間 52 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    45943

    ビザ発行日 :

    08/02/1977

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    セザール賞(フランス映画) - 1978

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1978)

    Selection (8)

    Best Sound : René Magnol, Jacques Maumont

    Best Production Design : Jacques Saulnier

    Best Editing : Albert Jurgenson

    Best Cinematography : Ricardo Aronovich

    Best Screenplay (Original or Adapted) : David Mercer

    Best Original Music : Miklos Rozsa

    Best Director : Alain Resnais

    Best Film

    受賞 (2)

    セザール賞(フランス映画) - 1978

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1978)

    賞 (6)

    César Award for Best Director : Alain Resnais

    César Award for Best Sound : René Magnol, Jacques Maumont

    César Award for Best Editing : Albert Jurgenson

    César Award for Best Production Design : Jacques Saulnier

    César Award for Best Original or Adapted Screenplay : Miklos Rozsa

    César Award for Best Film

    French Syndicate of Cinema Critics - 1977

    French Syndicate of Cinema Critics (1977)

    French Syndicate of Cinema Critics Price