このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
皆殺しのシンフォニー  - Poster France

皆殺しのシンフォニー

A 長編映画 by Jacques Deray

Produced by Productions et Éditions Cinématographiques Françaises (PECF), CICC Films Borderie

Release in France : 02/08/1963

    あらすじ

    犯罪組織の大物たち五人がパリの暗黒街の賭博場に集合した。彼らはクラベ(M・オークレール)、バロティ(C・ドーファン)、モロー、ジャベック (J・ロシュフォール)、パオリである。今回の仕事というのは、マルセイユに着く麻薬を五十万ドルで入手し、百万ドルで国外にさばこうという、彼らにとっ ては至って軽いものだ。そして、五十万ドルの資金を、一味で最も腕のたつモローに託し、マルセイユに派遣した。ところがバロティの妻エレーヌ(D・ロッ カ)と恋仲のジャベックは、その五十万ドルをひとり占めしようと計画し、綿密なアリバイ工作を仕組んだ。そしてモローを走る列車からつきおとし、計画は成 功した。だが仲間たちの疑惑の目がジャベックに注がれてくると、彼は先ずパオリを、次いでクラベにぬきさしならぬ証拠をつかまれて彼を殺した。長年の友情 も一瞬のうちに消えた。残ったバロティが動きはじめるとジャベックにもはや逃れるすべはない。ところが追いつめられたジャベックは思いがけないエレーヌの 助力で、危機を脱し、逆にバロティを倒した。勝利に酔うジャベックは、バロティになりすますと悠々と五十万ドルをとりに彼の車庫へ行った。だがその時、ク ラベの妻マドレーヌ(M・メルシェ)の拳銃がジャベックを貫通した。彼女は自分の夫を殺した犯人がバロティと思いこんでいたから、バロティに変装したジャ ベックに気づかなかったのである。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (3)

    クレジットタイトル詳細 (12)

    監督補佐 :

    Louis Pitzelé

    Producers :

    Julien Derode, Raymond Borderie

    フォトディレクター :

    Claude Renoir

    撮影技師 :

    Jean Charvein

    Assistant editor :

    Jacqueline Simoni

    装飾 :

    Léon Barsacq

    原作者 :

    Alain Reynaud-Fourton

    Screenwriters :

    Claude Sautet, José Giovanni, Jacques Deray

    録音技師 :

    Joseph De Bretagne

    編集担当 :

    Paul Cayatte

    スクリプト :

    Annie Rozier

    Art directors :

    Théobald Meurisse, Pierre Duquesne

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1963

    フランス公開 :

    02/08/1963

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    27434

    ビザ発行日 :

    01/08/1963

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督