このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ボルサリーノ2

ボルサリーノ2

A 長編映画 by Jacques Deray

Produced by Medusa film, TIT Filmproduktion, Adel Productions

Release in France : 23/10/1974

    あらすじ

    小雨が降る晩秋の肌寒い朝、フランソワ・カペラ(ジャン・ポール・ベルモンド)の葬儀がマルセイユ郊外の墓地でひっそりとり行われていた。僚友を 失ったロッコ・シフレディ(アラン・ドロン)は哀しみを隠そうとはせず、その表情にはある硬い決意もうかがわれるようだった。それから三ヵ月後、フランソ ワの復讐をとげるつもりのロッコをファンティ警部(ダニエル・イヴェルネル)が訪ねて来て、フランソワ殺害の黒幕はマフィアのボルポーネ兄弟の弟の方のラ ルティグ(リカルド・クッチョーラ)だと告げた。ロッコはただちに腹心の部下フェルナン(ライオネル・ヴァトラン)を伴って始末した。この事件を契機に ロッコとボルポーネ(R・クッチョーラ--二役)の血で血を洗う抗争の幕が切って落とされた。ボルポーネは弟を殺された報復として、ロッコの所有する劇場 やレストランを破壊した上、ロッコを捕え、昼夜を分かたずアルコール漬けにして彼をアル中にしてしまう。しかもボルポーネは新聞記者を呼んで彼の泥酔現場 を写真に撮らせて、精神病院にぶち込んでしまった。今度こそ再起不能だと思われたロッコを、部下のフェルナンが救出し、イタリアのジェノヴァに連れ去っ た。それから三年の月日が流れた。ボルポーネの勢力は磐石だった。表向きは善政を施す人間の貌をもち、裏では暗黒街のボスだった。しかも抬頭してきたファ シズムの命をうけてムッソリーニとヒットラーともひそかにつながりをもっていたのである。ある日、一台のトラックと乗用車が海岸沿いの道をマルセイユに向 かっていた。トラックの幌には「ボルサリーノ&カンパニー」と、鮮やかな文字が記されてあった。これこそ雌状三年、ジェノヴァで復讐の準備をして いたロッコとその部下たちだった。ロッコの打つ手は早かった。ボルポーネの子分を一人一人消して行き、ファンティ警部の立ち合いのもとで命をもらうことを 宣言した。ロッコの復讐心に脅えたボルポーネはマルセイユを脱出してベルリンに向かおうとしたがその逃走途中、列車の中で発見され機関車の釜の中にほおり 込まれてしまった。すべてを終えたロッコはさわやかな表情でアメリカ行きの船に乗っていた。同行は彼の部下数人と、かつてのフランソワの愛人で、今では ロッコの妻ともいえるローラ(カトリーヌ・ルーヴェル)だった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (33)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Medusa film, TIT Filmproduktion, Adel Productions

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    Associate producer :

    Comacico

    フランス国内配給 :

    Compagnie Internationale Cinématographique (CIC)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (12)

    Assistant directors :

    Patrick Bureau, Philippe Lefebvre

    シナリオライター :

    Pascal Jardin

    録音技師 :

    Jean Labussière

    編集担当 :

    Henri Lanoé

    スクリプト :

    Hélène Sebillotte

    作曲家 :

    Claude Bolling

    Producers :

    Julien Derode, Alain Delon

    海外プロデューサー :

    Wolfdieter Von Stein

    製作部長 :

    Pierre Saint-Blancat

    Assistant editor :

    Monique André

    装飾 :

    François Lamothe (de)

    演出助手 :

    René Fargeas

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    アドベンチャー, ドラマ, アクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (ドイツ, イタリア, フランス)

    製作年 :

    1974

    フランス公開 :

    23/10/1974

    上映時間 :

    1 時間 31 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    42579

    ビザ発行日 :

    28/10/1974

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル