このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
憎しみ

憎しみ

A 長編映画 by Mathieu Kassovitz

Produced by Lazennec & Associés

Release in France : 31/05/1995

  • Contents

俳優 (35)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Lazennec & Associés

Film exports/foreign sales :

StudioCanal, Le Pacte

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (35)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パリ郊外で移民ゲットーの青年たちの暴動が起った。発端は警察による暴行事件で、犠牲者のアブデュル・イシャは重 体のまま入院している。暴動の翌日の10時48分、サイード(サイード・タグマウイ)が仲間のヴィンス(ヴァンサン・カッセル)の家を訪ね、彼を連れてボ クサーのユベール(ユベール・クンデ)に会いに行く。暴動のあおりでユベールのボクシング・ジムも焼討ちされていた。昨夜の暴動で警官が一人銃を紛失した という噂がある。14時12分、ヴィンスが拾った拳銃を二人に見せ、入院中のアブデュルが死んだらこれで警官を殺すと宣言する。15時47分、三人はアブ デュルの見舞いに行くが警官に追い返される。しかし拳銃を隠し持ったヴィンスだけは妙に強気だった。17時04分、三人はサイードがパリに住むアステリク ス(フランソワ・ルヴァンタール)に貸した金を取立に、パリへ向かう。18時44分、三人はアステリクスの住む豪華なアパルトマンに圧倒される。彼はエキ セントリックな男で、裸で三人を迎え入れ、ヴィンスにロシアン・ルーレットを挑む。結局借金を取り返せないまま三人が建物を出た所を自警団が襲撃しヴィン スだけが逃げおおせる。20時17分、ユベールとサイードは人種差別的な自警団に酷い拷問を受ける。00時33分、自警団に釈放された二人は終電に乗り遅 れる。そこへヴィンスが現れ、三人は深夜の画廊のパーティーにもぐり込む。02時57分、繁華街の街頭テレビでアブデュルの死が報じられ、ヴィンスが駆け だしていく。04時27分、ユベールとサイードがスキンヘッドの一団に襲われるが、そこへ拳銃を持ったヴィンスが助けに入る。三人はスキンヘッドの一人 (マチュー・カソヴィッツ)を取り押さえるが、ヴィンスはこの相手を撃つことができない。三人は始発で郊外に戻る。06時00分、ヴィンスがユベールに拳 銃を預ける。そこへ警察が現れ、ヴィンスが射殺される。06時01分、警官とユベールが拳銃を突きつけ合い、にらみ合う。カメラは二人を凝視するサイード の顔のアップへ。

Source : movie.walkerplus.com

Subject

With almost two million admissions in France, this highlight of the Cannes Festival has revealed two major players in French cinema, Mathieu Kassovitz and Christophe Rossignon, his producer. They have announced that they will work together again on the director's next film, "Assassins". In the meantime, Mathieu Kassovitz will star in Jacques Audiard's new film "Un héros très discret" and, this autumn, will spend two weeks on the European promotion of "Hate" which, due to the director's special "tour", will be released almost simultaneously in Germany, Spain, Italy, Scandinavia, the Netherlands, Great Britain and French-speaking Canada.

クレジットタイトル詳細 (17)

製作代表 :

Christophe Rossignon

Associate producers :

Adeline Lecallier, Alain Rocca

フォトディレクター :

Pierre Aïm

撮影技師アシスタント :

Axel Cosnefroy, Hervé Lodé, Marie Spencer

製作部長 :

Gilles Sacuto

Editors :

Mathieu Kassovitz, Scott Stevenson

装飾 :

Guiseppe Ponturo

サウンド・ミキサー :

Dominique Dalmasso

Location manager :

Sophie Quiedeville

Assistant directors :

Ludovic Bernard, Eric Pujol

シナリオライター :

Mathieu Kassovitz

録音技師 :

Vincent Tulli

Camera operators :

Georges Diane, Jacques Monge

報道担当(映画) :

François Hassan Guerrar

編集アシスタント :

strAtos

Costume designer :

Virginie Montel

スチールマン :

Guy Ferrandis, Jean-Claude Lother

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

人種差別, 若者, 軽犯罪, バイオレンス, 郊外

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1994

フランス公開 :

31/05/1995

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

83.321

ビザ発行日 :

10/05/1995

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

Posters (1)

監督

ニュース (2)

映画祭でのセレクション (8)

セザール賞(フランス映画) - 1996

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1996)

Selection (11)

Best Producer : Christophe Rossignon

Best Sound : Dominique Dalmasso, Vincent Tulli

Best Editing : Mathieu Kassovitz, Scott Stevenson

Best Cinematography : Pierre Aïm

Best Screenplay (Original or Adapted) : Mathieu Kassovitz

Most Promising Actor : Saïd Ben Saïd

Most Promising Actor : Hubert Koundé

Most Promising Actor : Vincent Cassel

Best Director : Mathieu Kassovitz

Best Actor : Vincent Cassel

Best Film

European Film Awards - 1995

European Film Awards (ドイツ, 1995)

Selection

最優秀ヨーロッパ映画

Cannes International Film Festival - 1995

Cannes International Film Festival (フランス, 1995)

Selection

公式長編映画セレクション

受賞 (3)

セザール賞(フランス映画) - 1996

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1996)

賞 (3)

César Award for Best Film

César Award for Best Editing : Mathieu Kassovitz

César Award for Best Editing : Scott Stevenson

Lumiere Awards - 1996

Lumiere Awards (フランス, 1996)

賞 (2)

Meilleur réalisateur : Mathieu Kassovitz

Meilleur Film

代表団 (2)