このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Ma cousine de Varsovie

Ma cousine de Varsovie

A 長編映画 by Carmine Gallone

Produced by Société des Films Osso

Release in France : 10/04/1931

    あらすじ

    Archibald Burel, a banker, has had enough of his wife cheating on him, and with his best friend Hubert into the bargain! One day he has (at least that is what he thinks!) a bright idea : he asks Sonia, his cousin living in Poland but staying in Paris at the moment, to seduce Hubert. In these conditions, how could Lucienne not fall into his arms again? Unfortunately for Archibald, things do not go (at all!) according to plan : he himself falls for Sonia while Hubert manages to reconquer Lucienne! Dispirited, Sonia decides to return to Warsaw.

    Source : IMDb

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Société des Films Osso

    フランス国内配給 :

    Société des Films Osso

    クレジットタイトル詳細 (8)

    原作者 :

    Louis Verneuil

    海外プロデューサー :

    Arnold Pressburger

    録音技師 :

    Alexander Dembo

    作曲家 :

    Arthur Guttman

    Screenwriters :

    Henri-Georges Clouzot, Franz Schulz, Karl Noti

    フォトディレクター :

    Curt Courant

    編集担当 :

    Roost

    美術部長 :

    Julius Von Borsody

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    出身 :

    フランス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1931

    フランス公開 :

    10/04/1931

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル