このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Simone Barbès ou la vertu

Simone Barbès ou la vertu

A 長編映画 by Marie-Claude Treilhou

Produced by Diagonale

Release in France : 27/02/1980

    あらすじ

    Simone Barbes (Ingrid Bourgoin, a non-actress but an actual usher)  works as an usher in a porn cinema. She and a friend exchange witticisms while at work as the theater-goers sneak by looking guilty and certainly not wanting to be noticed. When Simone gets off work she heads to the seedy nightclub where her lesbian lover works and spends some time just hanging out. Once out of the club, she runs into a lonely man who picks her up but is unable to follow through on the sexual exploits he has in mind. Simone monologues and he listens, as the demi-monde of the city at night gets ready to cede to another day...

    Source : allmovie.com

    俳優 (20)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Diagonale

    フランス国内配給 :

    MK2 Films (ex MK2)

    クレジットタイトル詳細 (12)

    監督補佐 :

    Gérard Frot-coutaz

    Screenwriters :

    Marie-Claude Treilhou, Michel Delahaye

    録音技師 :

    Yves Zlotnicka

    編集担当 :

    Paul Vecchiali

    スクリプト :

    Aline Lecomte

    作曲家 :

    Roland Vincent

    Producers :

    Cécile Clairval, Paul Vecchiali

    フォトディレクター :

    Jean-Yves Escoffier

    撮影技師 :

    Franck Séchan

    Assistant editors :

    Khadicha Bariha-Simsolo, Franck Mathieu

    装飾 :

    Bénédict Beaugé

    サウンド・ミキサー :

    Antoine Bonfanti

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    売春

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1979

    フランス公開 :

    27/02/1980

    上映時間 :

    1 時間 25 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    50643

    ビザ発行日 :

    15/01/1980

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー