このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Special Section

Special Section

A 長編映画 by Costa-Gavras

Produced by Galatée Films, KG Productions, Les Productions Artistes Associés, Reggane Films

Release in France : 23/04/1975

    あらすじ

    In France during the German occupation, a young German naval officer is killed in Paris by a group of leftist activists. The compliant Vichy government seeks to appease the Germans by locating the perpetrators and agreeing to the execution of six people, and a special section is set up for this purpose. The section consists of judges who are too ambitious, cowardly or inhuman to refuse such work. The flames of totalitarianism must be stoked, even with innocent blood, and it is especially convenient to the government if the accused are thoroughly expendable in their eyes.

    Source : Wikipedia

    俳優 (62)

    映画製作・配給会社 (4)

    Foreign production companies :

    Janus Film Und Fersehen, Goriz Films

    フランス国内配給 :

    Les Productions Artistes Associés

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Costa-Gavras' film stirred some controversy as it told a story of Vichy France, which made some critics feel the piece was one sided about collaboration. Costa-Gavras aimed for the truth and he felt this film got this.[citation needed] Despite the debate, it opened to positive reviews in France and the U.S.

    クレジットタイトル詳細 (23)

    製作代表 :

    Jacques Perrin

    せりふ作者 :

    Jorge Semprun

    Producer :

    Michèle Ray Gavras

    エグゼクティブプロデューサー :

    Gérard Crosnier

    海外プロデューサー :

    Giorgio Silvagni

    録音技師 :

    Harald Maury

    撮影技師 :

    Jean Harnois

    Editor :

    Françoise Bonnot

    Continuity supervisors :

    Sylvette Baudrot, Dominique Piat

    作曲家 :

    Éric Demarsan

    Costume designer :

    Hélène Nourry

    スチールマン :

    Vincent Rossell

    Assistant directors :

    Denys Granier-Deferre, Jean-Michel Lacor

    原作者 :

    Henri Villeré

    アソシエートプロデューサー :

    Claude Heymann

    Screenwriters :

    Costa-Gavras , Jorge Semprun

    フォトディレクター :

    Andréas Winding

    音声アシスタント :

    Jean Fontaine

    Production managers :

    Bernard Bouix, Gérard Crosnier

    Sound editor :

    Françoise London

    装飾 :

    Max Douy

    Foley artist :

    Daniel Couteau

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Maumont

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 歴史的, スリラー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア, ドイツ)

    製作年 :

    1975

    フランス公開 :

    23/04/1975

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    43219

    ビザ発行日 :

    14/04/1975

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Cannes International Film Festival - 1975

    Cannes International Film Festival (フランス, 1975)

    Selection

    Official Competition

    受賞