このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
蘭の肉体

蘭の肉体

A 長編映画 by Patrice Chéreau

Produced by VM Productions, Paris Cannes Productions

Release in France : 29/01/1975

    あらすじ

    精神病院に閉じ込められているクレール(シャーロット・ランプリング)。彼女は精神分裂症の傾向があり、自分が実業家の男と結婚した母の莫大な遺産を相続する権利があることを知らない。見張りの男の目をのがれて、やっと病院を脱走したクレールは、逃げる途中で事故にあい、通り掛ったルイ・ドラージュ(ブリュノ・クレメール)と知り合いになった。彼は若い男を連れており、その男は、何かに怯えているようだった。ルイは、クレールをほうっておくことも出来ないので、車にのせて、ホテルに向かった。ホテルでは、連れの若い男が、クレールに関係を迫り、逆に眼をつぶされてしまう。ルイから治療を受けてベッドに横たわる彼。そこへ、彼を追っていた殺し屋のジョセフ(フランソワ・シモン)とジューラ(ハンス・クリスチャン・ブレッヒ)兄弟があらわれ、若い男を首尾よく殺したが、その現場をルイに見られた二人は、ルイを殺す決意をする。そのことを知ったルイは、クレールを連れて、家に向かった。自分が逃げている身であることをルイに告げるクレール。一方、クレールの逃走を知った叔母のマダム・ヴェジュネ(エドウィジュ・フィエール)は、彼女を捕らえようと探し回る。兄の財産を独り占めにしたいのだった。殺し屋の兄弟は、クレールを誘拐する。兄弟は、彼女をサーカス小屋に閉じ込めるが、彼女を預けられたマダムヴァモス(シモーヌ・シニョレ)は、クレールを逃がしてやる。クレールは、昔住んでいたスイスの館に向かった。その館では、マダム・ヴェジュネが数人で待ち構えていた。負傷したルイも一緒だ。やがて追ってきた殺し屋の兄弟が、攻撃をかけたのをきっかけに、殺しあいが始まった。ルイは兄弟に殺され、クレールがジョセフの目を潰した。そこへサイレンの音が近づき、館から兄弟が逃げ出した。負傷したクレールは病院に入院するが、見舞いにきたマダム・ヴァモスが、ジューラに殺され、ジューラもその場に倒れた。翌日、病院で目覚めたクレールは、精神にみなぎる力を感じるのだった。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (20)

    映画製作・配給会社 (4)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (23)

    製作代表 :

    Vincent Malle

    Dialogue Writers :

    Jean-Claude Carrière, Patrice Chéreau

    海外プロデューサー :

    Wolfdieter Von Stein

    フォトディレクター :

    Pierre Lhomme

    音声アシスタント :

    Jean Fontaine

    撮影技師 :

    Jean-César Chiabaut

    音声編集担当 :

    Michèle Boehm

    スクリプト :

    Ariane Litaize

    作曲家 :

    Fiorenzo Carpi

    Costume designer :

    Jacques Schmidt

    Sound mixers :

    Joël Beldent, Claude Villand

    演出助手 :

    Philippe Desmoulins

    Adapters/dialogue writers :

    Jean-Claude Carrière, Patrice Chéreau

    原作者 :

    James Hadley Chase

    Co-producers :

    Sergio Gobbi, Félix Méric, Eddy Matalon

    録音技師 :

    Harald Maury

    撮影技師アシスタント :

    François Manceaux, Jacques Renard

    編集担当 :

    Pierre Gillette

    Assistant editor :

    Nadine Muse

    装飾 :

    Richard Peduzzi

    Foley artist :

    Daniel Couteau

    メイク :

    Alain Folgoas

    スチールマン :

    Georges Lunghini

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, ドイツ, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, ドイツ, フランス)

    製作年 :

    1974

    フランス公開 :

    29/01/1975

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    42666

    ビザ発行日 :

    28/01/1975

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル