このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
JLG-自画像

JLG-自画像

A 長編映画 by Jean-Luc Godard

Produced by Gaumont, Peripheria

Release in France : 08/03/1995

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Gaumont, Peripheria

フランス国内配給 :

Pyramide Distribution

Film exports/foreign sales :

Gaumont

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

The "positive" has been given to us at birth wrote poor Franz, who begged his friend Max to destroy all of his books. But Max did not listen and this is how we know Kafka's work. The author of "The Metamorphosis" added : it's up to us to make the " negative". So this is the originality of the origin of cinematography : to make the negative first. Edison did not do it. Auguste and Louis did, for they invented the projector before the camera. Don't we have to be brought into the world before making our way into it...? And realize that our rights over it, if they do exist, exist only through our duties. What can a self-portrait ( not a portrait, or even less a biography) signify - never before attempted in a novel or in music ? Sometimes in painting. What was Rembrandt looking for when he set up his easel next to the mirror ? Probably : how far can painting go ? and then, how far would he follow, meaning until when. Not because of age, but because of painting itself. For it was time itself which he put on the canvas. Laid bare, if we can say that. Neither a passport photograph. Nor a self examination. Just a question of time. Space gives very few answers ; neither do speed or position. Unless maybe in the system of cinematography, the only one where moral forces have something to do with physical forces.

Subject

本作の製作は、当時すでに活動を停止しているJLGフィルムではなく、ペリフェリアが行った。ロケーション撮影は、スイス・ヴォー州、ゴダールがアトリエを構えるレマン湖に面した町・ロールである。ゴダールが湖の対岸を指さし、「Kingdom of France」(「フランスの王国」の意)と言うシーンがある。

映画局査察官役で、アンドレ・S・ラバルト、ルイ・セガン、ベルナール・エイゼンシッツという3人の批評家が出演している。

作中のゴダールによるモノローグで、「ロベルト - ジャック - ボリス - ニコラス」、つまりロベルト・ロッセリーニ、ジャック・ロジエ、ボリス・バルネット、ニコラス・レイとならべ、「自ら映画となる」として、それぞれの作品の音声が引用するシーンがある。

フランスでの配給は、大手配給会社ゴーモンが行ったが、クレジットでは正式社名ではなく、「Les successeurs de Léon Gaumont」(「レオン・ゴーモンの継承者たち」の意)と表記された[2]。レオン・ゴーモン(Léon Gaumont、1864年 - 1946年)とは、現在のゴーモンの前身である「L・ゴーモン商会」を1895年に設立した人物である。

1995年2月、第45回ベルリン国際映画祭で上映された[2]。日本では、2002年(平成14年)8月17日、日本再映の『フレディ・ビュアシュへの手紙』とのカップリングで初公開された。

Source : Wikipedia.

Photos (2)

クレジットタイトル詳細 (4)

Directors of Photography :

Yves Pouliquen, Christian Jaquenod

報道担当(映画) :

Thierry Lenouvel

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1994

フランス公開 :

08/03/1995

上映時間 :

58 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

80.725

ビザ発行日 :

26/01/1995

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション