このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
夜の子供たち

夜の子供たち

A 長編映画 by André Téchiné

Produced by Les Films Alain Sarde

Release in France : 21/08/1996

  • Contents

俳優 (12)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Les Films Alain Sarde

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

Co-productions :

Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma, TF1 Films Production

フランス国内配給 :

Pathé Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (33)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

アルプス山中。ある晩、少年ジュスタン(ジュリアン・リヴィエール)の家に、父イヴァン(ディディエ・ブザス)が 射殺されて担ぎ込まれた。一年前。イヴァンの弟でリヨンの刑事アレックス(ダニエル・オートゥイユ)は万引きで捕まえた少年のような娘ジュリエット(ロラ ンス・コート)と、愛のない情交を結んでいた。一方、ジュリエットは大学で哲学を教えるマリー(カトリーヌ・ドヌーヴ)と愛し合っていた。イヴァンの死 で、アレックスはジュリエットを伴って実家に戻る。家族で強盗団を組織する一族のなかで、アレックスは孤独だ。一方ジュリエットの兄ジミー(ブノワ・マジ メル)はイヴァンの手下で、イヴァンは彼女を愛人にしようとしていた。ジュリエットはアレックスに自分もイヴァンが殺された現場にいたと明かし、マリーの 家に向かう。マリーは情緒不安定のジュリエットになす術がなく、前夫の精神科医に預けたが、ジュリエットは姿を消した。その半年前から、マリーはジュリ エットに自分の前半生についてインタビューし、そのテープを本にまとめようとしていた。イヴァンは大規模な自動車窃盗計画にジュリエットも参加させようと し、ジミーは反対する。だがジュリエットは兄に反して参加、その決行の夜彼女が警備員に勘づかれ、イヴァンが射殺された。イヴァンが荼毘に付されているあ いだ、ジュスタンは火葬場を抜け出す。やはり出てきたアレックスとジュスタンは散歩し、二人のあいだに束の間の心の交流が生まれる。だがジュスタンはやは り警察になった叔父を受け入れられない。アレックスとマリーはジュリエットの行方をめぐってたびたび会うようになり、彼は彼女を家に招待さえする。彼女は 大学をやめてジュリエットの本の執筆のため自宅に閉じこもる。そこをアレックスが訪ね、彼女は助かるだろうと伝えるが、マリーはもう彼女には会つつもりは ないという。まもなくマリーは自宅の窓から身を投げて死に、数日後原稿とテープがアレックスに届けられた。それをジュリエットに届けるため、アレックスは 彼女がいるマルセイユに向かう。だがマルセイユの本屋で別人のように自信にあふれて働く彼女の姿に、アレックスは名乗りもせずに帰ってしまった。そのとき 初めて、彼はマリーがジュリエットのためでなく、自分のためにこのテープと原稿を送ったことを悟り、読みはじめた。山の中の泥棒一家では、イヴァンに代わ りジミーが一家の中心になろうとしていた。ジュスタンの母ファビエンヌ(ファビエンヌ・バーブ)とジミーは特別な関係になったようだった。そしてジュスタ ンもまた、ジミーへの自分の強い愛情に戸惑い始めていた。

Source : movie.walkerplus.com

Subject

"Flaws and power.
Do you know the expression "to seize the opportunity ?" I had a "Rendezvous" with one on the day I met André Téchiné and he offered me the magnificent part of Juliette. Juliette, made up of flaws and power. I was able to throw myself into her completely because André was there. He doesn't call himself an actor's director. He says : "I assist them, if they're in danger."Juliette is the kind of part which alters the course of your life when it comes along. André is the kind of man who brings you happiness..."
(Laurence Côte)

クレジットタイトル詳細 (22)

製作代表 :

Alain Sarde

Screenwriters :

André Téchiné, Gilles Taurand, Michel Alexandre, Pascal Bonitzer

録音技師 :

Jean-Paul Mugel

撮影技師アシスタント :

Alice Capronnier, Thomas Bataille

製作部長 :

Jean-Jacques Albert

Editor :

Martine Giordano

Assistant editor :

Raphaële Urtin

装飾 :

Ze Branco

スタントマン :

Jean-Claude Lagniez

Costume designer :

Élisabeth Tavernier

スチールマン :

Isabelle Weingarten

Assistant directors :

Jean-Pascal Hattu, Sandra Mainguené, Michel Nasri, Marianne Neplaz

Director of photography :

Jeanne Lapoirie

Sound assistants :

Philippe Morel, Véronique Tiron

撮影技師 :

Jacques Monge

報道担当(映画) :

Dominique Segall

音声編集担当 :

Michel Klochendler

スクリプト :

Claudine Taulère

作曲家 :

Philippe Sarde

キャスティング :

Michel Nasri

サウンド・ミキサー :

Jean-Pierre Laforce

演出助手 :

François Menny

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1996

フランス公開 :

21/08/1996

上映時間 :

2 時間 19 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

81.658

ビザ発行日 :

28/06/1996

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Posters (1)

監督

ニュース

映画祭でのセレクション (3)

セザール賞(フランス映画) - 1997

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1997)

Selection (5)

Best Film

Best Director : André Téchiné

Most Promising Actress : Laurence Côte

Most Promising Actor : Benoît Magimel

Best Actress : Catherine Deneuve

アカプルコ フランス映画祭 - 1996

アカプルコ フランス映画祭 (メキシコ, 1996)

Selection

フランス長編映画

Cannes International Film Festival - 1996

Cannes International Film Festival (フランス, 1996)

Selection

公式長編映画セレクション

受賞

セザール賞(フランス映画) - 1997

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1997)

César Award for Most Promising Actress : Laurence Côte

代表団