このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
悪魔が夜来る

悪魔が夜来る

A 長編映画 by Marcel Carné

Produced by Productions André Paulvé

Release in France : 05/12/1942

    あらすじ

     15世紀フランス。ユーグ男爵の城でアンヌ姫(デア)と騎士ルノーの婚約の宴が催されていた。集まった旅芸人の中には、吟遊詩人に化けた悪魔の使い、ジ ル(キュニー)とドミニク(アルレッティ)の姿があった。それぞれ婚約の二人を誘惑して、この幸福を壊そうというのである。ダンスが始まって、ドミニクは 魔法を使い、ホールの人々を石のごとく固め、早速、目的を達しようとルノーに近づく。ジルもアンヌに迫るが、どうにも彼女に本気で夢中になってしまった。 これで、悪魔その人が登場。男爵もドミニクの虜となり、争奪の決闘にルノーは倒れた。そして、悪魔によって牢につながれてしまうジル。アンヌは彼を救おう と悪魔の申し出を呑んだ。釈放されたジルは記憶喪失状態だったが、アンヌと初めてキスを交わした泉の水を飲ませると、愛の記憶を呼び覚ました。しかし、そ れが悪魔の嫉妬を買い、二人は石にされて鞭打たれる。だが、その心臓は変わらず熱く鼓動している。ちょうど、ナチ占領下においても、フランス人の自由への 希望が萎えることがないように……。反ファシズムのメッセージを巧妙に溶け込ませた、カルネ=プレヴェール、黄金コンビのポエティックな中世幻想譚。この コンビの作品を支え続けたA・トローネルの美術の素晴らしさは言うまでもなく、キュニーの憂いを含んだ表情と対照的なアルレッティのコケティッシュなムー ドが軽やかに煽情的で、デアの清楚な美しさも忘れ難い。

    Source : allcinema.net

    俳優 (24)

    映画製作・配給会社 (2)

    French distributors :

    Discina, Mission

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    The film was shot in Nice, in Vichy (France), and due to the war, Carné faced a number of difficulties in making the film. Due to the increased censorship during the war, Carné wanted to make a historical and fantastical film that would have little difficulty with the censors.

    The film premiered at Paris’s Madeleine Cinema on Dec 4, 1942 and was one of the biggest film events during the war. It was called "the grandest film of the Occupation." One of the reasons that the film was such a huge success was due to murmuring before the film was released that the film was an allegory for the current situation. Many people saw the character of the Devil as representing Hitler and the continued beating hearts of the lovers as representing France living under German rule, but not giving up hope. Carné maintained until his death that the film was not an intentional allegory for the war and that any relationship was purely unconscious.

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (12)

    監督補佐 :

    Michelangelo Antonioni

    Screenwriters :

    Jacques Prévert, Pierre Laroche

    録音技師 :

    Jacques Lebreton

    Production managers :

    Georges Lampin, Emile Darbon

    作曲家 :

    Joseph Kosma, Maurice Thiriet

    Costume designer :

    Georges Wakhevitch

    プロデューサー :

    André Paulvé

    フォトディレクター :

    Roger Hubert

    撮影技師 :

    Marc Fossard

    編集担当 :

    Henri Rust

    美術装飾 :

    Georges Wakhevitch

    美術部長 :

    Alexandre Trauner

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    哲学的物語

    テーマ :

    中世, 愛, 死, 想像上の, 宗教

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1942

    フランス公開 :

    05/12/1942

    上映時間 :

    2 時間

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    9

    CNC助成 :

    はい

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (6)

    監督

    映画祭でのセレクション