このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
シングル・ガール

シングル・ガール

A 長編映画 by Benoit Jacquot

Produced by Ciné@

Release in France : 29/11/1995

  • Contents

俳優 (12)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Ciné@

Film exports/foreign sales :

Pyramide International

共同製作 :

Arte France Cinéma

フランス国内配給 :

Pyramide Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (8)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

早朝、サン=ラザール駅のそばのカフェで1人の若い男レミ(ブノワ・マジメル)が不機嫌な様子でいる。そこに黒の 短いスカートをはいた若い女ヴァレリー(ヴィルジニー・ルドワイヤン)が入ってくる。レミが出ようとすると1時間も待ち合わせに遅れたのは地下鉄が故障し たせいで立ち通しだったから座らせてくれとヴァレリーは言う。恋人同士の2人の間には気まずい雰囲気が漂っている。些細な言い争いを繰り返して、ついに ヴァレリーは自分が妊娠したことを告げる。当惑するレミに1時間後にまた会う約束をして、ヴァレリーは仕事に向かう。その朝からカフェの近くのホテルで ルーム・サービスの仕事を始めることになっていたのだ。ヴァレリーは冷たい感じのする同僚の女性サビーヌ(ヴェラ・ブリオル)から仕事を教わる。そして主 任のパトリス(ジャン=クレティヤン・シベルタン=ブラン)に連れられ、女性社長サールシ(アラダン・レイベル)に会い、契約を結ぶ。それからヴァレリー はルーム・サービスの仕事に戻り、エレヴェーターでホールと客室の間の往復を繰り返す。フロントからの客室の確認の電話を処理したあと、その空の客室から 母親に電話をする。それを意地悪な同僚の男性に見られる。それをネタに男は彼女にセクハラをするが、彼女は男の頬を平手打ちする。また疲れて休んでいると ころをサビーヌに見られるが、初対面の時とうってかわって彼女は親密な態度を見せる。ヴァレリーが自分が妊娠していることを打ち明けるとサビーヌは堕胎す ることを勧める。彼女自身がヴァレリーの平手打ちしたあの男に捨てられた経験があるからだ。仕事の合間をぬってヴァレリーはレミに会いにカフェに行く。依 然として2人の会話は噛み合わない。ヴァレリーは店を飛び出す。車に轢かれそうになったその間一髪のところでレミが彼女を抱きしめ、助けてくれる。2人の 雰囲気が変わるかと思ったのも束の間、子供ができたにもかかわらず一向に仕事を探そうとしないレミにヴァレリーは苛立ち、彼と別れる。季節が変わり、肩ま であった髪をばっさりと切ってショートにして身軽になったヴァレリーの傍らには母親と子供ファビアンがいる。彼女はシングル・マザーとして生きる覚悟をし たのだ。母親に子供を預け、仕事場に向かって颯爽と歩いて街中に姿を消す彼女であった。

Source : movie.walkerplus.com

Subject

"The character of Valérie gave me a totally free rein. When Benoît Jacquot offered me the part, I was enthusiastic about it even though I was a little apprehensive about having the camera follow me for an hour and a half. In fact, I soon started having fun with it. It became an actor in the film. I'm happy that "A Single Girl" has been so well received, both in France and abroad. The film deals with the working world in a surprising way and with a great deal of humour. That's what makes it so powerful."
(Virginie Ledoyen)

クレジットタイトル詳細 (18)

製作代表 :

Philippe Carcassonne

Line producer :

Brigitte Faure

Director of photography :

Caroline Champetier

音声アシスタント :

Vinca Vermesse

Production managers :

Daniel Baschieri, Ariel Askenazi

Editor :

Pascale Chavance

スクリプト :

Virginie Barbay

Foley artist :

Nicolas Becker

キャスティング :

Frédérique Moidon

監督補佐 :

Antoine Santana

Screenwriters :

Benoit Jacquot, Jérôme Beaujour

録音技師 :

Michel Vionnet

撮影技師アシスタント :

Laurent Hincelin, Julien Hirsch

報道担当(映画) :

Agnès Chabot

Assistant editors :

Julia Grégory, Gwénola Héaulme

作曲家 :

Antonin Dvorak

スタントマン :

Alain Guerillot

サウンド・ミキサー :

Stéphane Thiébaut

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1995

フランス公開 :

29/11/1995

上映時間 :

1 時間 30 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.856

ビザ発行日 :

27/11/1995

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85