このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
影の軍隊

影の軍隊

A 長編映画 by Jean-Pierre Melville

Produced by Les Films Corona

Release in France : 12/09/1969

    あらすじ

    フィリップ・ジェルビエ(L・バンチュラ)は、ある日、独軍に逮捕され、キャンプに入れられてしまった。そして数ヵ月後、突然、ゲシュタポ本部へ連 行されることになった。だが、一瞬のすきをみて、そこを脱出した彼は、その後、抵抗運動に身を投じることとなった。そうしたある日、彼はマルセイユに行 き、フェリックス(P・クローシェ)、ル・ビゾン(C・バルビエ)、ルマスク(C・マン)等と一緒に裏切り者の同志ドゥナ(A・リボール)の処刑に立ち あった。その後に、彼は、ジャン・フランソワ(J・P・カッセル)に会った。ジャンの仕事は、名高いパリの女闘士マチルド(S・シニョレ)に、通信機をと どけることだった。彼はそのついでに、学者である兄のリュック・ジャルディ(F・ムーリッス)を訪ねたが、芸術家肌の兄を心よくは思わなかった。一方、新 任務のためリヨンに潜入したジェルビエのところへやって来たのは、意外にもジャンの兄のジャルディだった。やがて無事、その任務を果したジェルビエのとこ ろへフェリックス逮捕さる、の報が伝えられた。さっそく、救出作戦を展開したが、ジャンの犠牲も空しく、失敗に終ってしまった。ジェルビエが再び逮捕され たのは、それから間もなくであった。独軍の残虐な処刑に、もはや最後と思っていた彼を救ったのは、知略にすぐれたマチルドであった。それからしばらくたっ た頃、隠れ家で休養をとっていたジェルビエを、ジャルディが訪ねて来た。彼の来訪の目的はマチルドの逮捕されたことを告げるためと、口を割りそうな彼女 を、射殺するということだった。現在、仮出所中の彼女も、それを望んでいる、と彼は伝えた。ある日、エトワール広場を一人歩く彼女に、弾丸をあびせたの は、彼女を尊敬するジャルディ、ジェルビエ、ル・ビゾン、ルマスク等仲間たちだった。しかし、遅かれ早かれ、彼等の上にも、同じような運命が待ち受けてい るのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (29)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films Corona

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    海外製作作品 :

    Fono Roma

    フランス国内配給 :

    Valoria Films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    独軍占領下のフランスで、第二次大戦中、悲劇的な抵抗運動に命をかけたレジスタンス闘士たちのエピソードをつづった作品。製作はジャック・ドルフマ ン。ジョゼフ・ケッセルの原作を、「ギャング」のジャン・ピエール・メルヴィルが脚色し、自ら監督した。撮影はピエール・ロム、美術はテオバール・ムー リッス、音楽はエリック・ド・マルサンがそれぞれ担当。出演は「ベラクルスの男」のリノ・ヴァンチュラ、「ギャング」のポール・ムーリッス、ほかに、シ モーヌ・シニョレ、ジャン・ピエール・カッセル、クリスチャン・バルビエ、ポール・クローシェ、クロード・マン、アラン・リボールなど。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (16)

    Assistant directors :

    Jean-François Adam, Georges Pellegrin, Jean-Claude Ventura

    プロデューサー :

    Jacques Dorfmann

    Directors of Photography :

    Pierre Lhomme, Walter Wottitz

    音声アシスタント :

    Victor Revelli

    撮影技師 :

    Philippe Brun

    Editors :

    Françoise Bonnot, Jean Nény

    美術装飾 :

    Théobald Meurisse

    サウンド・ミキサー :

    Alex Pront

    原作者 :

    Joseph Kessel

    シナリオライター :

    Jean-Pierre Melville

    Sound recordists :

    Éric Demarsan, Jacques Carrère

    撮影技師アシスタント :

    Jacques Renard, Pierre Li

    Production managers :

    Alain Queffelean, Jean-Pierre Spiri-mercanton

    スクリプト :

    Betty Elvira

    Costume designer :

    Colette Baudot

    スチールマン :

    Raymond Voinquel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    戦争

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス)

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    12/09/1969

    上映時間 :

    2 時間 15 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    35415

    ビザ発行日 :

    17/09/1969

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル