このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
アンナ・オズ

アンナ・オズ

A 長編映画 by Éric Rochant

Produced by Lazennec & Associés

Release in France : 02/10/1996

  • Contents

俳優 (15)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Lazennec & Associés

Foreign production companies :

Alhena Films, SA, Angel Film

フランス国内配給 :

MKL pour Lazennec distribution

Co-productions :

StudioCanal, France 2 Cinéma

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (9)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

水の都ベニス。アンナ・オズ(シャルロット・ゲンズブール)は運河の前の美術館で、一人の男が古典名画を盗むとこ ろを目撃する。しかしそれは夢の世界。アンナが目を覚ますとそこはパリのアパルトマンだった。ベットには恋人のマルク(サミー・ブラワジ)が腰掛けてい る。それはパリの現実の生活。だがアンナが眠りに落ちると、再び彼女はベニスへと誘われる。前に目撃した男と再会。彼の名はマルチェロ(ジェラール・ラン ヴァン)といい、盗品を売買していた。その後パリの現実に戻ると、アンナは殺人事件の重要参考人として警察に拘留されてしまう。彼女にはそんな覚えはな い。だんだんベニスの夢がパリの現実を侵食し始めてきたのだ。幼い頃に父と別れ、兄トマとも会っていないアンナの現実に対して、夢の世界の方が力を持って きた。そしてアンナの世界は反転する。

Subject

"How is an idea actually born ? It's as hard to say as it is to describe a dream. It's serendipitous, the uncoordinated coming together of disparate elements, like a poem of Jacques Prévert. The elements are linked by a certain logic, but the logic is mysterious.It never gives up all this secrets. Take a short story by Cortazar, another by Borges, the music of Eddie Palmieri, the face of Charlotte Gainsbourg, the writings of Jacques Lacan, a childhood trip to Venice and a horrible nightmare you had some years ago, put them all together in a car in Paris on a spring day, and you get a flash of certainty : you want to write "Anna Oz".The movie was made in the image of its genesis. I worked on correspondences and paradoxes. I wanted to appeal to intuition, not reason. I wanted to arouse the feeling of nervous excitement that you get when you enter a new world. That, and the delicious knowledge that you might get lost in it."

(Eric Rochant)

クレジットタイトル詳細 (23)

製作代表 :

Alain Rocca

Screenwriters :

Éric Rochant, Gérard Brach

フォトディレクター :

Pierre Lhomme

音声アシスタント :

Bernard Chaumeil

撮影技師 :

Yves Agostini

Editor :

Pascale Fenouillet

Assistant editor :

Emmanuelle Baude

装飾 :

Thierry François

Foley artist :

Pascal Chauvin

キャスティング :

Bruno Lévy

サウンド・ミキサー :

Dominique Dalmasso

演出助手 :

Alexandre Déon

Associate producers :

Adeline Lecallier, Christophe Rossignon

Foreign producers :

Nella Banfi, Chris Bolzli

録音技師 :

Pierre Gamet

撮影技師アシスタント :

Pascale Ferradini, Tariel Meliava

Production manager :

Ginette Mejinsky

音声編集担当 :

Gérard Hardy

スクリプト :

Sylvie Koechlin

作曲家 :

Steve Turre

スタントマン :

Jean-Louis Airola

Costume designer :

Claire Fraïssé

スチールマン :

Jérôme Prebois

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :


言語 :

フランス語

出身 :

イタリア, スイス, フランス

Original French-language productions :

はい

製作国 :

大部分フランス (イタリア, スイス, フランス)

製作年 :

1996

フランス公開 :

02/10/1996

上映時間 :

1 時間 38 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

86.059

ビザ発行日 :

31/07/1996

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビー

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

アカプルコ フランス映画祭 - 1996

アカプルコ フランス映画祭 (メキシコ, 1996)

Selection

フランス長編映画