このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
彷徨う心

彷徨う心

A 長編映画 by Philippe Garrel

Produced by Gemini Films

Release in France : 27/03/1996

  • Contents

俳優 (18)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Gemini Films

Film exports/foreign sales :

Gemini Films

共同製作 :

Why Not Productions

フランス国内配給 :

Rezo Films

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (3)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

フィリップは中年の画家。妻アニーとの間に、小さな息子と娘がいる。しかし、夫婦仲は冷めきり、彼は夜の街で娼婦をあさる無為な日々を送っていた。ある日、フィリップは街角で若い娘、ジュスティーヌと出会い、愛するようになる。フィリップとジュスティーヌは一緒に暮らし始めるが、彼女も、深い孤独と絶望を抱えていた……。(シネフィル・イマジカより)

Subject

「恋人たちの失われた革命」が現在(2007/1/13)公開中の、フィリップ・ガレル監督の作品。主人公のフィリップは、愛する子供たちのために働くの が生きがい、というような男。自分では理想的な父親であり夫だと思っていたのに、ある日、妻が浮気していることを知ります。妻は、若い恋人と一緒にいるこ とを望み、フィリップは家族と別れることを余儀なくされてしまうのです。

無為な日々を送っていたフィリップは、ある日、ジュスティーヌという若い女性と出会い、つきあうようになります。フィリップはジュスティーヌのことを愛し ているけれど、同時に子供たちのことが常に気にかかり、妻から「今すぐ来て」と言われれば、あわてて家に戻ったりもする。そんなフィリップの態度に、ジュ スティーヌは不満を募らせ、嫉妬し、より完璧な愛情を求めようとします。フィリップは、若い恋人、子供たち、元妻との間で、ふらふらと彷徨い続けます。

フィリップが追いつめられていくにつれて、映画は、フィリップの内面へどんどん入りこんでいって、かつて思わぬ形で失ってしまった恋人のこと、子供の頃に 離婚した両親のこと……、フィリップ自身の心のルーツが解きほぐされていきます。現在と過去が、フィリップの語りと、うなされる夢を通して、行ったり来た りします。

静的で、心の内側にぴったりと寄り添ってくるような映画。私自身は、フィリップ・ガレル監督の作品とは波長が合うみたいです。この映画を通して、自分自身の心も見つめ直す、そんな体験をしました。

Source : french.rose.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (10)

Assistant director :

Marilyne Canto

共同製作 :

Pascal Caucheteux

Sound recordists :

Jean-Pierre Ruth, Georges Prat, Paul Bertault

報道担当(映画) :

Agnès Chabot

作曲家 :

Barney Wilen

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1995

フランス公開 :

27/03/1996

上映時間 :

1 時間 27 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.775

ビザ発行日 :

14/02/1996

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

Taipei Golden Horse Film Festival - 2005

Taipei Golden Horse Film Festival (台湾, 2005)

Selection

パノラマ部門