このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
私の男 - Poster France

私の男

A 長編映画 by Bertrand Blier

Produced by Les Films Alain Sarde

Release in France : 31/01/1996

  • Contents

俳優 (36)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Les Films Alain Sarde

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

Co-productions :

Studio Images, Plateau A

フランス国内配給 :

Bac Films Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (32)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

I know a girl who's perfectly happy as a whore and who wouldn't change jobs for anything. Men lose their worries in her arms. It's something natural, that's all. They leave her emotionally shaken and with a lighter

娼婦マリー(アヌーク・グランベール)は自分の仕事を最高の天職だと思っており、ホテルの前で退屈そうにしていた 主婦ジルベルト(ドミニク・ヴァラディエ)までこの職業に引き込んでしまう。ある雪の日、マリーは浮浪者のジャノ(ジェラール・ランヴァン)を家に泊めて やる。彼と抱き合ったときマリーはこの上ない悦楽を感じ、彼を愛してヒモとして養うことにする。マリーはジャノの愛に包まれて、いよいよ仕事にも身が入 る。ジャノは時にはマリーの客の接待もするが、嫌気がさして町に出て、様々な女たちに声をかける。彼は特に美容室のマニキュア係サンギーヌ(ヴァレリア・ ブルーニ=テデスキ)が気に入り、彼女をマリーのような娼婦にしようとするが、サンギーヌはジャノを愛しつつもそれには耐えられない。やがてサンギールが 囮捜査官にひっかかり、ジャノは売春斡旋で逮捕される。警察に呼び出されたマリーは初めてじぶんの男の正体を知る。酒場でサンギーヌと語り合ったマリーは 娼婦の仕事を放棄し、一人の男に愛を捧げて子供を生むと決心する。彼女はカフェで見かけた無一文だが誇り高い青年ジャン=フランソワに恋した。ジャノが刑 期を終えて出てくると、ベランジェール(サビーヌ・アゼマ)という女が、あなたをずっと待っていたと言って無理やり家に連れて帰る。ジャノは彼女のヒステ リーからなんとか抜け出す。ジャン=フランソワは職探しに懸命だが、人事担当者に小馬鹿にされて追い返されるばかり。マリーは夫と子供のために再び街に立 つが、男たちは冷たく通り過ぎるばかりだ。彼女が侮辱されたところを助けたのはサンギーヌだった。サンギーヌと一緒に家に帰ると、そこには廃人のように なったジャノがいた。彼は「女たちよ、許してくれ」と呟く。

Source : movie.walkerplus.com

wallet. After all, shared joy is expensive. I know what you're thinking. This is all rubbish, there's no such girl. But there is, I made her up. Aren't we allowed to invent such gener-ous girls these days? Don't worry: I'm going to get her involved with a very serious customer...

Subject

"The voice is grave but juggles Blier's words better than any other. The eyes are dark but reveal the hidden areas of the human soul better than any others. Anouk Grinberg possesses a rare blend of sweetness and resolve, vivacity and melancholy. In "My Man", beautiful and deep as night, vital and light as air, she symbolizes all women. Especially women in love. Especially women capable of abandon, pleasure and passion. While Blier's film has both the gravity of a requiem and the fantasy of a popular song, she knows how to give the tune rare elegance and skilled charm and emotion."
(Jean-Pierre Lavoignant - Studio Magazine)

クレジットタイトル詳細 (17)

製作代表 :

Alain Sarde

Adapter/dialogue writer :

Hubert Engammare

シナリオライター :

Bertrand Blier

録音技師 :

Pierre Gamet

製作部長 :

Claude Albouze

Editor :

Claudine Merlin

作曲家 :

Henryk Mikolaj Gorecki, Barry White

フランスの配給会社 :

Jean Labadie

演出助手 :

Philippe Delest

監督補佐 :

Hubert Engammare

せりふ作者 :

Bertrand Blier

フォトディレクター :

Pierre Lhomme

撮影技師アシスタント :

Pascale Ferradini, Jean-Yves Le Poulain

報道担当(映画) :

Dominique Segall

装飾 :

Willy Holt

Costume designer :

Christian Gasc

スチールマン :

Moune Jamet

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

売春

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1995

フランス公開 :

31/01/1996

上映時間 :

1 時間 38 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.255

ビザ発行日 :

17/01/1996

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーSR

Posters (2)

監督

映画祭でのセレクション (3)

ベルリン国際映画祭 - 1996

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1996)

Selection

Official Competition

受賞

代表団