このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
猫が行方不明

猫が行方不明

A 長編映画 by Cédric Klapisch

Produced by Vertigo Productions

Release in France : 03/04/1996

  • Contents

俳優 (30)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Vertigo Productions

Film exports/foreign sales :

SND Groupe M6

共同製作 :

France 2 Cinéma

フランス国内配給 :

Bac Films Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (27)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ク ロエ(ギャランス・クラヴェル)は休暇に行くあいだ愛猫グリグリ(アラピムー)を誰に預けたらいいのか悩んでいる。ルームメイトのゲイの青年ミシェル(オ リヴィエ・ピィ)は彼氏と別れたばかりでそれどころじゃないし、管理人はもう何匹も預かっているというし。そこで人づてに紹介されたのが、頑固だけどお人 好しの猫好きのおばあさんマダム・ルネ(ルネ・ル・カルム)。ところが休暇から帰ってくると、グリグリは行方不明。ルネはご近所の老婦人ネットワークにこ の情報を流し、みんなおせっかい半分で熱心に協力してくれるが、手がかりはない。またルネは夜に猫を探すための護衛役にと、アラブ系の青年ジャメル(ジヌ ディヌ・スアレム)を紹介してくれる。ちょっと頭は鈍いが善良なジャメルは、クロエに恋して一生懸命猫を探す。クロエのもう一つの悩みは恋人のいないこ と。ミシェルの見立てでちょっと女らしい服装にして出かけると、今度は変な男たちに言い寄られてますます嫌な気分に。ミシェルの新しい恋人クロード(フラ ンク・マゾーニ)がアパートを追い出されて二人の所に転がり込んできたので、彼女はますます複雑な気持ち。ジャメルが猫を探して屋根に登って転落しそうに なる。危機一髪で消防団に助けられたが、彼は自分の誠実さが冗談のタネにされて泣いてしまう。クロエは以前から街ですれ違って密かに好意を抱いていた青年 (ロマン・デュラス)とついに話をする。実はドラムを叩いて近所迷惑になっている張本人なのだが、恋をすればあばたもえくぼ…だが彼と寝た直後、そのベッ ドに恋人らしい女性から電話がある。マダム・ルネが風邪で寝込んだ。お見舞いに行くと台所のオーヴンの後ろで猫の声が!なんとグリグリだった。クロエの隣 人で男ヤモメの画家、通称ベルカント(ジョエル・ブリス)が引っ越しをする。荷物運びを手伝いながら、クロエは彼がずっと自分に好意を抱き、自分の絵まで 描いていたことを知る。近所のカフェでのささやかな送別会のあと、クロエと画家は再会を約束をしてお別れのキスをし、顔いっぱいに笑みを浮かべて走りだ す。

Subject

"Everyone's looking for someone... something... and their cat ! It's such a silly, lovely idea : that someone losing their cat can practically revolutionise a neighbourhood, change the lives of a girl lost in the crowd and people of two generations; one searching for its memories and the other which doesn't give a damn; and make a film as light and entertaining as a fairytale. It's a ramble through the streets of Paris, meeting people and places along the way. For instance the scene with the down-and-outs : they were there when we arrived, exactly where we wanted to shoot. Instead of asking them to move, Cédric asked them to join in ! The meetings in the film were as true as those outside it. And Cédric's way of looking and wanting were so rich and generous that he swept us all along with him, and so simply. Every scene comes across as perfectly natural and obvious; in real life. I even wondered whether it would change anything if Chloé didn't find her cat. She would still have found that lightness of being, that thirst for life and cheerfulness which leaves us with a ray of hope for humanity."
(Garance Clavel, actress)

クレジットタイトル詳細 (21)

製作代表 :

Aïssa Djabri, Farid Lahouassa, Manuel Munz

シナリオライター :

Cédric Klapisch

録音技師 :

Olivier Le Vacon

撮影技師アシスタント :

Philippe Roussilhe, Xavier Tauveron

報道担当(映画) :

Eva Simonet

音声編集担当 :

Philippe Heissler

スクリプト :

Agnès Moreau

スタントマン :

Daniel Vérité

Costume designer :

Pierre-Yves Gayraud

映画輸出業者 :

Raphaël Berdugo

スチールマン :

Jérôme Plon

Assistant directors :

Nathalie Bialobos, Jacques Royer

フォトディレクター :

Benoît Delhomme

音声アシスタント :

Cyril Moisson

製作部長 :

Sadek Djermoune

Editor :

Francine Sandberg

Assistant editor :

Brigitte Benard

装飾 :

François Emmanuelli

キャスティング :

Bruno Lévy

データ作成者 :

Fabrice Blin

サウンド・ミキサー :

Dominique Dalmasso

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :


言語 :

フランス語

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1995

フランス公開 :

03/04/1996

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

88.033

ビザ発行日 :

13/03/1996

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSR

Posters (1)

監督

ニュース

映画祭でのセレクション (5)

受賞

ベルリン国際映画祭 - 1996

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1996)

国際批評家連盟(フィプレシ)賞