このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Desolate Rome

A 長編映画 by Vincent Dieutre

製作年 : 1996

  • Contents

あらすじ

Rome in the 1980s. Unbelievable landscapes in the deserted city follow one after the other, lacerated by advertisements, current news deprived of meaning, along with images of vacations. There is a voice to guide us in this desolate Rome, where no tourist would dare tread, the voice of the narrator. Without any true chronology, without any qualms, we discover bit by bit the implacable reality of a young homosexual's life, a linear chronicle with sex and drugs as the only perspective. The obsessive and precise tale of general indifference, successive sincerity and withdrawal. Images, sounds, and voices combine in a fragile collage that is both blunt and radical. Although this account, pessimistic to the point of asphyxiation, seems to offer no exit, one needs to know how to read between the shots: Far from Berlusconi and the drug dealers, another film hovers, a film about love.

クレジットタイトル詳細 (4)

シナリオライター :

Vincent Dieutre

Sound recordists :

Jean-Marie Boulet, Stéphane Thiébaut

フォトディレクター :

Gilles Marchand

Editor :

Ariane Doublet

技術面詳細

長編映画

Original French-language productions :

不明

製作年 :

1996

フランス公開 :

上映時間 :

1 時間 8 分

経過状況 :

ニュメロ·デ Visa :

72.287

ビザ発行日 :

23/09/1996

CNC助成 :

いいえ

生産のフォーマット :

16ミリ

カラータイプ :

カラー

監督

映画祭でのセレクション (3)

ベルリン ヤングシネマフォーラム - 1996

ベルリン ヤングシネマフォーラム (ドイツ, 1996)

Selection

長編映画フォーラム

代表団