このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
イルマ・ヴェップ

イルマ・ヴェップ

A 長編映画 by Olivier Assayas

Produced by Dacia Films

Release in France : 13/11/1996

  • Contents

俳優 (29)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Dacia Films

フランス国内配給 :

Haut et Court

Film exports/foreign sales :

Haut et Court

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (24)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パ リ。「吸血ギャング」のリメイクの撮影直前で大騒ぎの、ある映画製作会社のオフィス。そこへ本作の主演をオファーされ、単身パリへやって来た香港スター女 優マギー(マギー・チャン)が来訪。が、忙しすぎるスタッフは誰もまともに応対できない。製作主任の紹介で、彼女はやっと自分を抜擢した監督のルネ・ヴィ ダル(ジャン=ピエール・レオ)と会う。ルネはかつてマラケシュの映画館でみたマギーが主演した映画(『ワンダー・ガールズ/東方三侠』)を憶えていて、 マギーを今作のヒロイン、イルマ・ヴェップに選んだのだという。かつては天才、今は長年の精神不安定で低迷気味と評される彼だが、マギーには「君に期待し ている」と熱っぽく語る。マギーは衣裳系のゾエ(ナタリー・リシャール)とイルマのコスチュームを買いにサン・ドゥニ街のSEXショップへ。衣裳はピチピ チのラテックスの黒いボディ・スーツ。撮影開始。だが、ルネは精神不安定なうえに若いスタッフとうまくいかず、現場は混乱。製作助手のマイテ(ドミニク・ フェイス)は何かにつけてゾエに喧嘩を売る。ゾエはマギーにだけは親切だ。ラッシュ試写を見たルネは「クソだ!」と吐き捨てて去り、スタッフは散り散りに 帰った。置いてけぼりにされたマギーはゾエのバイクに乗せてもらって、ゾエの先輩のミレイユ(ビュル・オジェ)宅のホーム・パーティへ行く。マギーはミレ イユから、ゾエは実はレズビアンで、あなたに気があると聞かされて笑うが、彼女もゾエには好意と友情を感じていた。ホテルに送ってもらったマギーに、ルネ からすぐに会いたいというメッセージが。自宅へ急行すると、ルネは躁鬱の発作で暴れたらしい。苦悩を打ち明けるルネを、マギーがなぐさめ励ますうち、駆け つけた警察が打った鎮静剤で彼は眠りについた。深夜。再びホテルに帰ったマギーも混乱状態に…夢か現か、イルマ・ヴェップの衣裳をまとって部屋を抜け出た マギーは、すっ裸のアメリカ女(アルシネー・カーンジャン)が電話中の部屋へ忍び込み、宝石をかすめとって屋上へ。降りしきる雨の中、マギーは宝石を投げ 捨てた…。朝、ゾエが寝坊したマギーを迎えに来た。遅刻して現場に入った彼女を待っていたのは、ルネの失踪という大事件。マギーはジョン・ウーの熱狂的な ファンの映画ジャーナリスト(アントワーズ・バズレール)からインタビューされるが、相手は勝手な思い込みでルネのような監督をこきおろし、辛抱強く相手 になった彼女はうんざりしてしまう。マギーはとりあえず相手役にモレノに扮する俳優(オリヴィア・トレス)とむなしくリハーサルするが、結局、ルネは現れ ずじまい。その晩、ゾエはマギーをデートに誘い出すが、マギーはディスコの入り口で気が変ったとわびて帰ってしまった。ルネの後釜の新監督に指名されたの は、彼と同世代で友人でもあったジョゼ・ミュラノ(ルー・カステル)。彼はルネが中国女を起用したことに疑問を表明、ヒロインを新人のフランス女優に替え ようとしていた。マギーはリドリー・スコットと新作の打ち合わせのため急遽ニューヨークへ発った。直後。ルネから撮影分を新に編集したフィルムが届いた。 ミュラノたちは試写室に集まり、ラッシュに見入った。

Source : movie.walkerplus.com

Subject

"The first thing one notices about "Irma Vep" is that Olivier Assayas' register hasn't simply widened, it's moved into a league of its own. By one knows not what stroke of magic, here's a director who has returned with something entirely new: an oblique viewpoint, a nervous acidity, balanced, slender humour. (...) What the film handles with such joyful elegance is the evocation of a domain cinema fights most shy of: the world of cinema itself. (...)"

(Olivier Séguret - Libération)

クレジットタイトル詳細 (17)

製作代表 :

Georges Benayoun

シナリオライター :

Olivier Assayas

録音技師 :

Philippe Richard

Production manager :

Sylvie Barthet

Sound editor :

Marie-Christine Ratel

スクリプト :

Edmée Doroszlai

作曲家 :

Philippe Richard

Costume designers :

Françoise Clavel, Jessica Doyle

スチールマン :

Isabelle Weingarten

エグゼクティブプロデューサー :

Françoise Guglielmi

フォトディレクター :

Éric Gautier

撮影技師アシスタント :

Stéphane Fontaine

編集担当 :

Luc Barnier

Assistant editor :

Tina Baz Le Gal

Production Designers :

François-Renaud Labarthe, Yann Richard

キャスティング :

Pierre Amzallag

サウンド・ミキサー :

William Flageollet

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

シネマ, 女らしさ, ミステリー

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1996

フランス公開 :

13/11/1996

上映時間 :

1 時間 38 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

89.375

ビザ発行日 :

13/11/1996

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSRD