このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
メナース

メナース

A 長編映画 by Alain Corneau

Produced by Viaduc productions, Canafox, Les Productions du Daunou

Release in France : 21/09/1977

    あらすじ

    父の死後、莫大な財産を相続し、ぶどう畑、運送会社をもつドミニーク(マリー・デュボア)は、部下で副社長になっ ているサヴァン(イヴ・モンタン)を熱愛し、近く結婚するつもりでいた。しかし、サヴァンには既にジュリー(キャロル・ロール)という若い恋人がいた。サ ヴァンから突然別れ話を聞かされ、愕然としたドミニークは、ジュリーに、サヴァンをあきらめるように頼むが、すでに彼女の体内にはサヴァンの子が宿ってい ることを聞かされ、半狂乱で崖から身を投げてしまった。翌日彼女の死体が発見され、警察は、殺人事件と断定し、ジュリーに容疑をかける。そして、ドミニー クが、サヴァンの愛をつなぎとめるために、彼が相続人となるように遺言書をひそかに残していたために、警察では、サヴァンがジュリーと共謀で、ドミニーク を殺害したという見方をしだし、取り調べに当った刑事や担当のワルデック警部(ジャン・フランソワ・バルメール)も、サヴァンの身辺を洗い始めた。サヴァ ンは彼女を救うため、自分の単独犯行であるかのように振舞い、国外に逃亡した。彼の逃亡で、事件はサヴァンの単独犯行という見方を強め、ジュリーは釈放さ れた。カナダに逃亡したサヴァンは、今度は、交通事故を装い、この世から自分を抹殺し、オーストリアで秘かにジュリーと暮そうと、計画を進めた。ある石油 会社の運転手となって大型タンクローリーを運転中、何者かの手によって狙撃されたように見せかけ、崖から転落させ、爆発炎上させることに成功。翌日の新聞 には、サヴァンの死亡が発表され計画はまんまと図に当る。しかし、その時まで彼に味方していた運命が狂い始め、同僚を殺されたと思い込んだ運転手仲間が、 空港に向かうサヴァンを何十台もの大型トラックで追いつめ、彼をめがけて疾走するのだった。

    俳優 (23)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Viaduc productions, Canafox, Les Productions du Daunou

    フランス国内配給 :

    Parafrance

    Film exports/foreign sales :

    Artedis

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (21)

    製作代表 :

    Denise Petitdidier, Léo Fuchs

    せりふ作者 :

    Daniel Boulanger

    海外プロデューサー :

    Richard Hellman

    録音技師 :

    Patrick Rousseau

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Francis Gondre, Pascal Lebègue

    製作部長 :

    Jean-Pierre Spiri-mercanton

    Sound editor :

    Renée Deschamps

    スクリプト :

    Hélène Sebillotte

    作曲家 :

    Gerry Mulligan

    スタントマン :

    Rémy Julienne

    サウンド・ミキサー :

    Jean Nény

    Assistant directors :

    Xavier Castano, Alain Centonze

    Screenwriters :

    Daniel Boulanger, Alain Corneau

    フォトディレクター :

    Pierre-William Glenn

    Sound assistants :

    Gérard Dacquay, Jean Fontaine

    撮影技師 :

    Jean-Claude Vicquery

    編集担当 :

    Henri Lanoé

    Assistant editor :

    Annick Menier

    装飾 :

    Jean-Pierre Kohut-Svelko

    Foley artist :

    Daniel Couteau

    Costume designer :

    Tanine Autré

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー, 推理

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    カナダ, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (カナダ, フランス)

    製作年 :

    1977

    フランス公開 :

    21/09/1977

    上映時間 :

    1 時間 57 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    47279

    ビザ発行日 :

    26/09/1977

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    セザール賞(フランス映画) - 1978

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1978)

    Selection (3)

    Best Editing : Henri Lanoé

    Best Supporting Actor : Jean-François Balmer

    Best Supporting Actress : Marie Dubois

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1978

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1978)

    César Award for Best Supporting Actress : Marie Dubois