このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Katia

Katia

A 長編映画 by Maurice Tourneur

Produced by Metropa-Films

Release in France : 19/10/1938

  • Contents

俳優 (37)

映画製作・配給会社 (2)

製作代表 :

Metropa-Films

Film exports/foreign sales :

Les Films sans Frontières

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

Set during the mid-19th century, the film dwells upon the foredoomed romance between Russian princess Katia (Danielle Darrieux) and the married Czar Alexander II (John Loder). Impressed by her forthrightness and courage, Alexander finds Katia a breath of fresh air when compared with the usual obsequious noblemen who nip at his heels. When their love affair becomes public during a state ball, the ensuing scandal forces Katia to flee to Paris. Upon the death of his wife, the Czar is at last free to wed his beloved Katia-but fate intervenes in the shape of an assassin's bullet.

クレジットタイトル詳細 (15)

製作代表 :

Eugène Bernstein, André E. Algazy

Dialogue Writer :

Lucile Decaux

Screenwriters :

Jacques Companeez, Jean-Jacques Bernard

Sound recordists :

Paul Duvergé, Paul Planson

撮影技師 :

André Germain

スクリプト :

Suzanne Bon

作曲家 :

Wal-Berg, Roger Fernay

スチールマン :

Raymond Voinquel

監督補佐 :

Louis d'Hée

原作者 :

Lucile Decaux

フォトディレクター :

Robert Lefebvre

撮影技師アシスタント :

Leon Bellet, Jean Brévignon

編集担当 :

Roger Spiri-mercanton

Production Designers :

Guy de Gastyne, Alexandre Arnstam

Costume designer :

Alexandre Arnstam

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

センチメンタルコメディ, 歴史的

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1938

フランス公開 :

19/10/1938

上映時間 :

1 時間 31 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

1256

ビザ発行日 :

13/12/1940

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル