このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
バルタザールどこへ行く

バルタザールどこへ行く

A 長編映画 by Robert Bresson

Produced by Argos Films

Release in France : 25/05/1966

    あらすじ

     一頭のロバの話です。ピレネーの小村の教師の娘マリーは農園主の息子ジャックと共に、生まれたばかりのロバに“バルタザール”と名前をつけ可愛がりま す。ある日ジャックが引っ越すことに。バルタザールもどこかへ行ってしまいます。それから10年。鍛冶屋の労役に使われていたバルタザールが苦しさに耐え かね逃げ込んだ所は、美しく成長したマリーのいる、今は彼女の父が管理しているジャック家の農園でした。マリーが喜んであちこち“彼”に馬車を引かせ出か けるのを見て、彼女に思慕を寄せる不良のジェラールは嫉妬し、バルタザールを痛めつけ、実家のパン屋の配送の仕事にこき使います。折しも、パリで教育を受 けていたジャックが里帰りし、初恋の相手マリーに改めて惚れ直し、結婚を口に上らせるのを彼女は拒みます。ジェラールたち不良グループが構い続ける浮浪者 はバルタザールに親近感を覚えますが、いつしか、彼と悪ガキたちの争いの犠牲となって怪我を負った“彼”はさ迷った挙句に道端で野たれ死んでしまうので す。その瞳に映る憂い……。日常の中でそれほど憤りを促すこともなく起きてしまう人間の罪科に厳しい眼差しを注ぐブレッソンのストイシズムの顕現がこのロ バ君だと言えそうです。トリュフォー曰く、“この映画は美しい。そう、私にとってただ美しいのみである……”。

    Source : allcinema.net

    俳優 (20)

    映画製作・配給会社 (4)

    Associate producers :

    Parc Film, Athos Films

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    According to Wiazemsky's 2007 novel "Jeune Fille", she and Bresson developed a close relationship during the shooting of the film, although it was never consummated. On location they stayed in adjoining rooms and Wiazemsky says "at first, he would content himself by holding my arm, or stroking my cheek. But then came the disagreeable moment when he would try to kiss me... I would push him away and he wouldn't insist, but he looked so unhappy that I always felt guilty." Later Wiazemsky lost her virginity to a member of the film's crew, which she says gave her the courage to reject Bresson as a lover. Bresson was known to cast non-professional actors and use their inexperience to create a specific type of realism in his films. Wiazemsky states: "It was not his intention to teach me how to be an actress. Almost against the grain, I felt the emotion the role provoked in me, and later, in other films, I learned how to use that emotion."

    The film's religious imagery, spiritual allegories and naturalistic, minimalist aesthetic style has been unanimously praised by film reviewers. This "brief, elliptical tale about the life and death of a donkey" has "exquisite renderings of pain and abasement" and "compendiums of cruelty" that tell a powerful spiritual message.

    The noted filmmaker, and Cahiers du Cinema critic, Jean-Luc Godard, famously said of the film "Everyone who sees this film will be absolutely astonished," "because this film is really the world in an hour and a half." Godard would go on to marry Wiazemsky in 1967.

    The film premiered at the 1966 Venice Film Festival where it won the OCIC Award and the Jury Hommage.

    Although never officially included on the British Film Institute's 10 Best Film Poll, it did receive 10 votes from film critics in 2002, reaching the rank of 19.

    Source : Wikipedia
     

    クレジットタイトル詳細 (12)

    製作代表 :

    Anatole Dauman

    Adapter/dialogue writer :

    Robert Bresson

    フォトディレクター :

    Ghislain Cloquet

    撮影技師アシスタント :

    Emmanuel Machuel

    製作部長 :

    Philippe Dussart

    編集担当 :

    Raymond Lamy

    Assistant directors :

    Jacques Kébadian, Claude Miller

    Producer :

    Mag Bodard

    録音技師 :

    Antoine Archimbaud

    撮影技師 :

    Jean-César Chiabaut

    報道担当(映画) :

    André-Paul Ricci

    美術装飾 :

    Pierre Charbonnier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    哲学的物語

    テーマ :

    メタフィジカル, 自然, 寓話

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, スウェーデン

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, スウェーデン)

    製作年 :

    1966

    フランス公開 :

    25/05/1966

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    30705

    ビザ発行日 :

    09/05/1966

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (4)

    受賞 (2)

    French Syndicate of Cinema Critics - 1966

    French Syndicate of Cinema Critics (1966)

    French Syndicate of Cinema Critics Price