このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Parfait amour !

Parfait amour !

A 長編映画 by Catherine Breillat

Produced by Dacia Films

Release in France : 23/10/1996

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Dacia Films

Film exports/foreign sales :

Pyramide International

Co-productions :

CB Films, Arte France Cinéma

フランス国内配給 :

Haut et Court

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (4)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

北フランスの港町ダンケルク。二度の離婚歴がある37歳の女性眼科医フレデリック(イザベル・ルノー)は、友人の 結婚披露パーティで28歳の青年クリストフ(フランシス・ルノー)と数年ぶりに再会し、ふたりは恋に落ちる。しかしクリストフは、遊び仲間のフィリップ (アラン・ソラル)と後腐れのない女遊びを楽しむ習慣をやめようとしない。フレデリックは苛立ちを感じ始め、フィリップに心の内をさらけ出すと、彼は自分 とクリストフとのホモセクシュアルな関係をほのめかす言葉を告げる。ショックを受けたフレデリックは、クリストフと激しい口論を始め、ふたりの溝はますま す深まっていく。数日後、老女の白内障の手術を終えたフレデリックが病院を出ると、クリストフが待っていた。ふたりはレストランで食事しながら話し合う が、クリストフは、自分は女性を抱くことはできるが心の底から欲望を感じたことはないと告白する。ふたりは険悪なまま別れた。ある日、泥酔したクリストフ はフレデリックの家を訪れた。フレデリックに性的な虚弱さをからかわれたクリストフは、彼女をナイフで惨殺した。

Source : movie.walkerplus.com

Subject

"When I set ou to find an unknown actress, my producer, Georges Benayoun, told me I was lucky. As I wanted an unknown, she had to be extremely beautiful. I was looking for the kind of actress who no longer exists - an Ava Gardner, a Simone Signoret or a Romy Schneider, one who embodies us with paranoid beauty and can glide through the worst indignities unharmed. That is the idea of a star : you can risk exposing her to the worst ordeals because she transcends them. Nothing sullies her. When Isabelle Renauld came to see me, I instantly sensed that she had it. She was what I'd call a natural star. But she was barely more than a girl, obviously too young for the part. I had her do screen tests for my own selfish reasons - just for me, for the memory, for another day, another film, who knows ? The camera is cruel. Often its heartless scalpel bursts the bubble and distorts the beauty. This time the miracle occured. I was fascinated, touched. Isabelle's face gave off a melancholic maturity, an amazing strength mingled with a suicidal instinct : pride in her destiny. From then on, Georges Beanyoun's comment echoed differently in my head. Now it rang with a kind of triumphant joy. The unknown was no longer an empty space, but the revelation of a discovery. Lucky's the word. Incredibly lucky."

(Catherine Breillat)

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Georges Benayoun

エグゼクティブプロデューサー :

Françoise Guglielmi

フォトディレクター :

Laurent Dailland

報道担当(映画) :

Claude Davy

編集アシスタント :

Éric Armbruster

Costume designer :

Cécile Cotten

Assistant directors :

Mathias Honoré, Michaël Weill

Screenwriter :

Catherine Breillat

Sound recordists :

Jean Minondo, Jacques Thomas-Gérard

Editor :

Agnés Guillemot

Production Designer :

Françoise Dupertuis

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1996

フランス公開 :

23/10/1996

上映時間 :

1 時間 55 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.564

ビザ発行日 :

17/06/1996

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Posters (1)

Director

映画祭でのセレクション (4)

リスボン フランス映画祭 - 2000

リスボン フランス映画祭 (ポルトガル, 2000)

Selection

シネマテークプログラム 新しいフランス映画

Montreal World Film Festival - 1996

Montreal World Film Festival (カナダ, 1996)

Selection

明日のシネマー新しい傾向

代表団