このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
田舎司祭の日記

田舎司祭の日記

A 長編映画 by Robert Bresson

Produced by Ugc

Release in France : 07/02/1951

    あらすじ

     孤高の映画詩人ブレッソンの表現が精神の極みへと向って行く姿勢は、このごく初期の作品にも端的に見られる。それは悩み深き若い司祭を主人公にしている という表層からでなく、その懊悩を突き放すように客体化する、怜悧なまでの映像の力によって痛感させられるのだ。田舎司祭を取り巻く人々の聖と俗に揺れる 姿が、彼の信仰にどう関わり、彼が自らどのような答えを出して行くかが、正に日記を綴る描写を挿し挟みながらスケッチされて行くが、彼は次第に懐疑的にな らざるをえなくなり、健康をも害してしまう。ブレッソンのどの映画を見てもそうだが、描写の余りの潔癖さに、他のイメージに置き換えながら(詰まり自分流 の翻訳をしつつ)見たくなるほど、純度の高い映画だ。

    Source : allcinema.net

    俳優 (15)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Diary of a Country Priest (original French title: Journal d'un curé de campagne) is a 1951 French film directed by Robert Bresson, and starring Claude Laydu. It was closely based on the novel of the same name by Georges Bernanos. Published in 1937, the novel received the Grand prix du roman de l'Académie française. It tells the story of a young, sickly priest, who has just arrived in his first parish, a village in northern France. The novel has been translated to English by Pamela Morris and was published the same year as the French original.

    Two other French scriptwriters, Jean Aurenche and Pierre Bost had wanted to make film adaptations of the novel. Bernanos rejected Aurenche's first draft, and by the time Bresson got around to the task, Bernanos had died. Bresson said he "would have taken more liberties" if Bernanos were still alive. The film had considerable influences on Martin Scorsese's Taxi Driver.

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (13)

    監督補佐 :

    Guy Lefranc

    原作者 :

    Georges Bernanos

    エグゼクティブプロデューサー :

    Robert Sussfeld

    フォトディレクター :

    Léonce-Henri Burel

    Editor :

    Paulette Robert

    装飾 :

    Pierre Charbonnier

    スチールマン :

    Roger Corbeau, Robert Juillard

    せりふ作者 :

    Robert Bresson

    プロデューサー :

    André Halley des Fontaines

    シナリオライター :

    Robert Bresson

    録音技師 :

    Jean Rieul

    スクリプト :

    Odette Lemarchand

    作曲家 :

    Jean Dalve

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    テーマ :

    宗教

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1951

    フランス公開 :

    07/02/1951

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    9831

    ビザ発行日 :

    07/02/1951

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1951

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1951)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞 (2)

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1951

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1951)

    賞 (2)

    OCIC Award

    International Award - Best Actress

    French Syndicate of Cinema Critics - 1951

    French Syndicate of Cinema Critics (1951)

    French Syndicate of Cinema Critics Price