このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ディディエ

ディディエ

A 長編映画 by Alain Chabat

Produced by Renn Productions

Release in France : 29/01/1997

  • Contents

俳優 (34)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Renn Productions

Film exports/foreign sales :

Pathé Distribution

Co-productions :

Katharina, TF1 Films Production, Chez Wam

フランス国内配給 :

AMLF

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (17)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ある朝、サッカー・チームのマネージャー、ピエール(ジャン=ピエール・バクリ)が目を覚ますと、部屋に見知らぬ男が素っ裸で寝ていた。実は、彼は ピエールが友人のアナベル(カロリーヌ・セリエ)から預かった犬のディディエ(アラン・シャバ)であった。宇宙からの青い光線を浴びて人間の姿に変えられ てしまったのだ。こうしてピエールとディディエの奇妙な共同生活が幕を開けたが、しかしピエールはチームの窮地と恋人のマリア(イザベル・ジェリナス)と のトラブルで頭がいっぱいだ。そんなある日、ピエールはディディエにサッカーの才能があることを発見し、リトアニアの難民だと嘘をついて彼を選手にした。 ピエールはあれこれとディディエの世話をしている内に、暖かい心を取り戻していった。マリアに対して身勝手だった自分の態度も反省するようになる。そして サッカーの試合の日。ディディエは期待通りの活躍を見せる。客席にいたピエールは、マリアにプロポーズし、ふたりはキスをした。すると再び青い光線がディ ディエに落ちてきて、彼は元の犬の姿に戻るのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

“Didier” is a comic comedy with a lot of laughs.

“Didier” is a comic comedy with a lot of laughs, that talks about tolerance. “Didier” is a comic comedy with a lot of laughs, that talks about tolerance with an odd departure point since it’s the tale of a dog that turns into a man (played by A. Chabat).

“Didier” is a comic comedy with a lot of laughs, that talks about tolerance with an odd departure point since it’s the tale of a dog that turns into a man (played by A. Chabat) and who wrecks the life of Jean-Pierre (played by J.P. Bacri). “Didier” is a comic comedy with a lot of laughs, that talks about tolerance with an odd departure point since it’s the tale of a dog that turns into a man (played by A. Chabat) and who wrecks the life of Jean-Pierre (played by J.P. Bacri) and makes him realize that only Love matters in this miserable world.

クレジットタイトル詳細 (23)

製作代表 :

Claude Berri

Adapter/dialogue writer :

Alain Chabat

シナリオライター :

Alain Chabat

フォトディレクター :

Laurent Dailland

音声アシスタント :

Philippe Fabbri

撮影技師 :

Pascal Gennesseaux

報道担当(映画) :

Michèle Darmon

Assistant editors :

Grégory Baubeau, Marcela Figueroa, Annick Filley

装飾 :

Jean-Marc Kerdelhué

Costume designer :

Sylvie Gautrelet

サウンド・ミキサー :

Thierry Lebon

演出助手 :

Aimeric Bonello

Assistant directors :

Cyril Cohen, Olivier Genet, Robert Kéchichian

エグゼクティブプロデューサー :

Pierre Grunstein

共同製作 :

Alain Chabat

録音技師 :

Dominique Warnier

撮影技師アシスタント :

Marie Gennesseaux, Olivier Banon, Pierre Berthier, Bernard Tissier

Production manager :

Nicole Firn

編集担当 :

Roland Baudeau

スクリプト :

Florence Aupetit

作曲家 :

Philippe Chany

デジタル映像効果 :

Pitof

スチールマン :

Patrick Balloul

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1996

フランス公開 :

29/01/1997

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

89.597

ビザ発行日 :

02/01/1997

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーDTS

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

セザール賞(フランス映画) - 1998

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1998)

Selection (2)

Best first picture

Best Actor : Alain Chabat

受賞

セザール賞(フランス映画) - 1998

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1998)

César Award for Best First Feature