このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
サムライ

サムライ

A 長編映画 by Jean-Pierre Melville

Produced by Filmel, Compagnie Industrielle et Commerciale Cinématographique (CICC)

Release in France : 25/10/1967

    あらすじ

    ソフト帽にトレンチ・コートのいでたちでジェフ(A・ドロン)は、仕事に出かけた。駐車してある一台のシトロエンにのりこみ、合鍵でスタートさせ、 郊外のガレージに乗り込んだ。ガレージの親爺は、車のナンバー・プレートを取りかえ、拳銃を、大金とひきかえにジェフに渡した。その後、コールガールをし ている恋人ジャーヌ(N・ドロン)を訪ね、アリバイを頼むと、仕事場のクラブへ向った。ジェフの仕事は、クラブの経営者を殺すことだった。仕事は、いつも のように、寸分の狂いもなく完了した。だが、廊下へ出た時、黒人歌手のバレリーにはっきりと顔をみられてしまった。警察は動き出し、クラブの客や目撃者の 証言で、ジェフも署に連行され、面通しが行なわれた。目撃者の大半は、ジェフが犯人だと断定したが、バレリーだけはなぜかそれを否定し、それに、ジェフの アリバイは完全だった。だが、主任警部(F・ペリエ)は、依然ジェフが、怪しいとにらんで、尾行をつけた。そのことを知ったジェフは巧みに尾行をまくと、 仕事の残金を受けとるために、殺しの依頼を取りついだ金髪の男と会ったが、男はいきなり巻銃を抜いて、ジェフは左手を傷つけられた。残金をもらえぬどころ か殺されそうにさえなったジェフは、殺しの依頼主をつきとめるべく、偽証をして彼をかばってくれたバレリーを訪れた。だがバレリーの口は堅く、「二時間後 に電話を」とだけ言った。約束どおりジェフは電話したが、誰も出てこなかった。やむなく帰ったジェフの部屋に、金髪の男がいた。男はうって変った態度で、 殺しの残金を渡すと、さらに新しい仕事を依頼した。ジェフは、男のスキをみると、いきなりとびかかり、巻銃をつきつけて、依頼主の名を聞き出した。大がか りな尾行網をぬけジェフは、男から聞き出したオリエビなる依頼主を訪ね、有無をいわさず射殺した。オリビエの部屋はバレリーのすぐ隣であり、オリビエはバ レリーを通じて自分の正体がばれるのをおそれて新しい仕事として、バレリー殺しをジェフに依頼したのだった。クラブでピアノを弾くバレリーの前にジェフが あらわれた。ジェフが拳銃を握った瞬間、張り込んでいた刑事たちの銃声がひびいた。主任警部が調べた、死んだジェフの拳銃には、一発も弾が入ってなかっ た。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社 (5)

    Associate producer :

    Groupe Katz - TC Productions

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution, Editions René Château

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (7)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Eugène Lepicier

    原作者 :

    Joan McLeod

    Screenwriters :

    Jean-Pierre Melville, Georges Pellegrin

    録音技師 :

    René Longuet

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Paul Cornu, Henri Decaë, François Lauliac

    Production managers :

    Georges Casati, Jean Pieuchot

    音声編集担当 :

    Robert Pouret

    スクリプト :

    Betty Elvira

    美術装飾 :

    François Lamothe (de)

    監督補佐 :

    Georges Pellegrin

    Producers :

    Eugène Lepicier, Raymond Borderie

    フォトディレクター :

    Henri Decaë

    音声アシスタント :

    Pierre Davoust

    撮影技師 :

    Jean Charvein

    Editors :

    Monique Bonnot, Yolande Maurette

    Assistant editors :

    Madeleine Bagiau, Madeleine Guérin, Geneviève Letellier

    作曲家 :

    François de Roubaix

    サウンド・ミキサー :

    Alex Pront

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    フィルム・ノワール

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1967

    フランス公開 :

    25/10/1967

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    33208

    ビザ発行日 :

    25/10/1967

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Karlovy Vary International Film Festival - 2012

    Karlovy Vary International Film Festival (チェコ共和国, 2012)

    Selection

    Tribute to Jean-Pierre Melville