このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
 個人教授

個人教授

A 長編映画 by Michel Boisrond

Produced by Mannic Films, CICC Films Borderie, Francos Films

Release in France : 20/12/1968

    あらすじ

    一流学校の哲学科に在学中の一八歳のオリビエ(R・ベルレー)は、ふと知りあった年上の女フレデリク(N・ドロン)に強く心を惹かれた。彼女は、有 名なイタリア人レーサー、フォンタナ(R・オッセン)の愛人だった。ある日、インディ・レースの実況を見たいというフレデリクのためオリビエはテレビをく めんしたり、わざと英語の翻訳をたのんだりして彼女の関心をひくよう心がけた。そんなオリビエをフレデリクとしてもうれしくないわけはなかった。一方では フォンタナへの愛に、他方でオリビエの一途な気持に、フレデリクの心はゆれた。彼女はひとりでスキー場に出かけた。そのスキー場にオリビエ一家も来てい た。手に手をとってスキーを楽しんだ日の夜、オリビエはフレデリクの部屋にしのびこんだ。二人はベッドに入った。がその時電話が鳴った。アメリカにいる フォンタナからだった。オリビエは怒りに燃え、憤然と部屋を出た。しかし彼の青年らしい自尊心も長くは続かなかった。翌日の夜パーティをぬけだした二人 は、激しく愛し合った。パリに帰ってからも二人の愛は続いた。そんなある日、フォンタナが帰って来た。アパートで二人の姿をみたオリビエは、自分たちの愛 が終ったのを知った。数日後、オリビエはフォンタナの待ち伏せをうけた。あの日以来、フレデリクが姿を消したとのことだった。オリビエは、直感で、フレデ リクの居場所をつきとめた。彼女は、オリビエとの愛にかける決心をしていた。が、オリビエはフォンタナに彼女の居場所を電話で知らせ、去っていった

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Mannic Films, CICC Films Borderie, Francos Films

    フランス国内配給 :

    SN Prodis

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (7)

    せりふ作者 :

    Michel Boisrond

    Screenwriters :

    Michel Boisrond, Claude Brule, Annette Wademant

    録音技師 :

    Urbain Loiseau

    編集担当 :

    Christian Gaudin

    Producers :

    Francis Cosne, Raymond Borderie

    フォトディレクター :

    Jean-Marc Ripert

    撮影技師 :

    Daniel Gaudry

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1968

    フランス公開 :

    20/12/1968

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー