このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
家族の気分

家族の気分

A 長編映画 by Cédric Klapisch

Produced by Telema

Release in France : 06/11/1996

    あらすじ

    “フ ランスのシリコン・ヴァレー”と呼ばれ、コンピュータ工場の中心地になった、ブルターニュ地方のひなびた田舎町のカフェ、“静かなる父”。メナール一家の 長男アンリ(ジャン=ピエール・バクリ)が継いで、嫁のアルレットとバーテンダーのドニ(ジャン=ピエール・ダルッサン)で維持している。次男フィリップ (ウラディミール・ヨルダノフ)はコンピュータ会社エクサテック社の重役で、妻ヨヨ(カトリーヌ・フロ)と2人の子どもがいて、妹ベティ(アニエス・ジャ ウイ)も同じ会社に勤める。母(クレール・モーリエ)を招いて毎週金曜日の夜、家族で食事に出かけるのが習慣。今週の金曜はヨヨの誕生日で、しかもフィ リップが夜7時のニュース番組でテレビ出演することに。アンリは時間になってもアルレットが帰ってこないので、心配でたまらない。家族たちが店に到着した 頃、アンリにアルレットからの電話がかかってくる。あなたに愛想をつかしたので、家出して1週間ほど考えさせてという。アンリはショックを隠して黙ってい ようとするが、やがてアルレットの不在の真相がわかり、一家はレストラン行きを取りやめて、ここで誕生日を祝うと決める。最初は穏やかだった家族たちだ が、時間が経つにつれて関係がギクシャクし、お互いに罵り合うようになる。子ども時代のトラウマ、日頃の不満など……。家族の間で長く溜まっていた膿が噴 き出したのだ。やがては、言い争いに疲れた家族はそれぞれの家に帰っていく。

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Telema

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    Co-productions :

    STUDIOCANAL, France 2 Cinéma

    フランス国内配給 :

    Bac Films Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (21)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    The trouble is, everything went well and pretty smoothly; No sagas, not even any tasty tidbits to relate. We'd been playing for less than a month at the Théâtre de la Renaissance when Chrales Gassot came to see the play and suggested making a movie version. We mentioned Cédric Klapisch, he saw the play and agreed to do it. That was in early winter. We got down to work. We wrote for several months and then started filming. Cédric directed us all a great deal. He wasn't out to "trash the theatre" but to use it, use our knowlegde of the situations and characters to fine-tune the dialogue. He has an exceptional sense of music and rhytm, of acting in fact, and doesn't need to throw his weight around to get what he wants from an actor. That makes it very easy to let onself be directed without mistrust. About my character, for example, we didn't quite see eye to eye at first.He thought I'd made her too tough nd not likeable enough on stage, whereas I'd deliberately kept her from being too charming or sweet. Being liked or being pretty is not her main concern ; she escapes the mould that most young actresses are cast into. But then, as we went on talking, I realized that Cédric didn't want to betray the character, only improve her, and I happily went along with him.

    Agnès Jaoui

    クレジットタイトル詳細 (19)

    製作代表 :

    Charles Gassot

    Adapter/dialogue writer :

    Cédric Klapisch

    Screenwriters :

    Jean-Pierre Bacri, Agnès Jaoui, Cédric Klapisch

    録音技師 :

    François Waledisch

    製作部長 :

    Patrick Lancelot

    Editor :

    Francine Sandberg

    編集アシスタント :

    Jenny Frenck

    装飾 :

    François Emmanuelli

    Costume designer :

    Corinne Jorry

    サウンド・ミキサー :

    Jean-Pierre Laforce

    監督補佐 :

    Jacques Royer

    原作者 :

    Jean-Pierre Bacri, Agnès Jaoui

    フォトディレクター :

    Benoît Delhomme

    撮影技師アシスタント :

    Xavier Tauveron

    報道担当(映画) :

    Laurence Granec

    音声編集担当 :

    Philippe Heissler

    スクリプト :

    Agathe Sallaberry

    作曲家 :

    Philippe Eidel

    フランスの配給会社 :

    Jean Labadie

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    家族

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1996

    フランス公開 :

    06/11/1996

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    87.955

    ビザ発行日 :

    05/07/1996

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    ドルビーA

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (7)

    セザール賞(フランス映画) - 1997

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1997)

    Selection (7)

    Best Film

    Best Producer : Charles Gassot

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Jean-Pierre Bacri, Agnès Jaoui, Cédric Klapisch

    Best Director : Cédric Klapisch

    Best Supporting Actress : Catherine Frot

    Best Supporting Actress : Agnès Jaoui

    Best Supporting Actor : Jean-Pierre Darroussin

    Lumiere Awards - 1997

    Lumiere Awards (フランス, 1997)

    Selection


    アカプルコ フランス映画祭 - 1996

    アカプルコ フランス映画祭 (メキシコ, 1996)

    Selection

    フランス長編映画

    Montreal World Film Festival - 1996

    Montreal World Film Festival (カナダ, 1996)

    Selection (2)

    その他の賞

    Compétition internationale

    受賞 (3)

    セザール賞(フランス映画) - 1997

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1997)

    賞 (3)

    César Award for Best Original or Adapted Screenplay : Jean-Pierre Bacri, Agnès Jaoui, Cédric Klapisch

    César Award for Best Supporting Actor : Jean-Pierre Darroussin

    César Award for Best Supporting Actress : Catherine Frot

    Lumiere Awards - 1997

    Lumiere Awards (フランス, 1997)

    賞 (4)

    Meilleur scénario : Agnès Jaoui

    Meilleur scénario : Cédric Klapisch

    Meilleur scénario : Jean-Pierre Bacri

    Meilleur réalisateur : Cédric Klapisch

    Montreal World Film Festival - 1996

    Montreal World Film Festival (カナダ, 1996)

    賞 (2)

    Jury Grand Prix

    Air Canada People's Choice Award

    代表団 (3)