このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
日曜日が待ち遠しい !

日曜日が待ち遠しい !

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Soprofilms, Les films du Carrosse

Release in France : 10/08/1983

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Soprofilms, Les films du Carrosse

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

Films A2

フランス国内配給 :

Acteurs Auteurs Associés (AAA)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

バルバラ・ベッケル(ファニー・アルダン)は、南仏のニースに近い町にあるヴェルセル不動産のオフィスで秘書として働いている。社長のジュリアン・ヴェル セル(ジャン・ルイ・トランティニャン)は狩猟好きで、その朝も鴨撃ちに行っていた。留守中に社長夫人のマリー・クリスティーヌ(カロリーヌ・シホール) から電話が入り、預金を下ろして送って欲しいと依頼される。オフィスを留守にできないことなどを理由にバルバラが断っているところへ、ジュリアンが戻って 来た。電話をかわった彼に、秘書の悪口を言う夫人。結局、バルバラは、クビになってしまった。その日、警察署長のサンテリ(フィリップ・モリエ・ジェ ヌー)と助手のジャンブロー刑事(ローラン・テノ)がオフィスにやって来てジュリアンの狩猟仲間のジャック・マスリエという男が、その朝やはり鴨撃ちに 行って銃で撃ち殺されたことを知らされた。バルバラは、素人劇団の団員で仕事を終えると、稽古に入る。次の日曜日にヴィクトル・ユゴーの「王のたのしみ」 が上演されることになっていて、バルバラは、道化師トリブーレの娘で小姓姿のブランシュの役だった。道化師トリブーレを演じるベルトラン(グザヴィエ・サ ン・マカリー)は、バルバラとは一年前に離婚しているが、今でも時々関係を迫っていた。クビを宣告したはずのジュリアンが、自分の殺人の容疑を晴らすため に無実を立証して欲しいと協力を頼みに来た。ジュリアンの許に脅迫電話がかかり、ヴェルセル夫人と恋愛関係にあったマスリエを、ジュリアンが嫉妬から殺し たんだ、となじった。その夜、ニースのホテルから戻った妻とその電話をめぐって口論するジュリアン。遂に警察に呼ばれたジュリアンは、親友の弁護士クレマ ン(フィリップ・ローデンバック)のおかげで拘留はまぬがれたものの、家に帰ってみると、妻が惨殺されていた。ジュリアンの頼みで、マリー・クリスティー ヌの結婚前の行動を探ることになったバルバラは、ニースに向かった。そしてひょんなことから知り合ったラブラシュの協力を得て、マリー・クリスティーヌ が、本名ジョジアーヌといい、偽名を使って結婚、美容院を経営していたというのもうそで、その場所はかつて“赤い天使”というナイトクラブであったことが わかった。マスリエが館主だった映画館“エデン”座に電話して事件を探っていくバルバラ。バックに大きな売春組織が絡んでいることがわかった彼女は娼婦に 扮して組織のボスなる人物ルイゾン(ジャン・ルイ・リシャール)に挑む。しかし、犯人は意外にも弁護士のクレマンだった。マリー・クリスティーヌを死ぬほ ど愛していた彼は、自分の罪を告白すると、警察の目の前で自らピストルの引き金を引くのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

Confidentially Yours (USA title - original French title: Vivement dimanche!, known as Finally, Sunday! in other English-speaking markets and translations thereof in other markets) is a 1983 French film directed by François Truffaut. It is based on the novel The Long Saturday Night, by the American author Charles Williams, and was Truffaut's last film. He died the next year, aged 52, after being diagnosed with a brain tumor. The film had a total of 1,169,635 admissions in France.

Source : Wikipedia

Photos (6)

クレジットタイトル詳細 (22)

製作代表 :

François Truffaut

原作者 :

Charles Williams

Screenwriters :

François Truffaut, Suzanne Schiffman, Jean Aurel

録音技師 :

Pierre Gamet

撮影技師アシスタント :

Florent Bazin, Tessa Racine

報道担当(映画) :

Marie-Christine Malbert

Assistant editor :

Marie-Aimée Debril

スクリプト :

Christine Pellé

作曲家 :

Georges Delerue

Costume designer :

Michèle Cerf

サウンド・ミキサー :

Jacques Maumont

Assistant directors :

Suzanne Schiffman, Pascal Deux, Rosine Robiolle

Producers :

Armand Barbault, François Truffaut

フォトディレクター :

Nestor Almendros

音声アシスタント :

Bernard Chaumeil

Production managers :

Armand Barbault, Roland Thénot

Editor :

Martine Barraqué

製作アシスタント :

Pascal Deux, Rosine Robiolle

装飾 :

Hilton McConnico

Foley artist :

Daniel Couteau

メイク :

Thi-Loan Nguyen, Chantal Durpoix

Production secretaries :

Josiane Couëdel, Donatienne Demarestz

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー, スリラー

テーマ :

殺人

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1983

フランス公開 :

10/08/1983

上映時間 :

1 時間 50 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

55509

ビザ発行日 :

20/06/1983

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.66

Audio format :

モノラル