このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
夜の騎士道

夜の騎士道

A 長編映画 by René Clair

Produced by Cinétel

Release in France : 26/10/1955

    あらすじ

    世智がらい現代と、昔日のロマンチシズムの時代のほぼ中間、つまり、第一次世界大戦によって終りをつげた時代の話である。フランスの或田舎町にある第三三騎兵隊の中尉アルマン(ジェラール・フィリップ)は、ドン・ファンの名に適わしい人物だった。その彼がある時、同僚達と賭をする。一カ月以内に、偶然の選択によって選ばれた女性の恋人になってみせると高言する。その代り、大演習に出かける前の晩の豪華な晩餐会の費用はアルマンが賭に勝ったら町の人々が払い、負けたら騎兵隊の将校達が自腹をきることになる。翌日アルマンの賭の相手が決まる。マリイ・ルイズ(ミシェル・モルガン)という名前で、パリ生れの女。この町に最近やって来て婦人服店を開いている。離婚したばかりの彼女は、噂によると、この町の上流社会の名士ヴィクトル(ジャン・ドザイ)に求婚してもらおうと望んでいるということだった。アルマンはルイズを追っかけ廻すが、あくまでも素気なく、冷くあしらわれる。ドン・ファンとしては思ってもみないことだった。遂に彼は奇蹟を待つ外はなくなった。ところが、ある舞踏会の折、その奇蹟がもちあがる。ルイズとアルマンがワルツを踊っている間に彼女が自分に無関心でないことに気付く。ヴィクトルがいなければ、翌日のランデヴーの約束さえすることが出来たろう。忽ちライバル同士の争いが起り、町中が悪口の云い合いになる。スキャンダルが持上るのを恐れた連隊長はアルマンに命令して二週間ばかりこの町から遠ざけてしまう。アルマンから離れてしまったルイズは再び冷静さをとりもどす。彼女はアルマンの過去や、どうして自分に近付いたかという噂を聞き、彼が恐ろしくなり、ヴィクトルの求婚を受入れようとする。ところが折も折、アルマンは決闘して重傷を負う。ルイズはアルマンを忘れかねていたため、二人の恋は遂に実を結ぶという結果になってしまう。すでにアルマンはルイズを心から愛してしまっていた。いよいよ一ヵ月前から予定されていた晩餐会が開かれアルマンは席上で本当に彼女を愛していると語ると“またアルマンが冗談をとばしている……"といい聴衆は彼の宣告を誰も真面目にとらない。ルイズは初めて自分が賭の対象にされたことを知る。アルマンの言訳が後に立つ筈がなかった。一夜明けて、軍楽隊を先頭にアルマンの連隊は大演習に出掛けて行ったが、ルイズの窓は遂に閉じられたままだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (47)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Cinétel

    海外製作作品 :

    Rizzoli Film

    Associate producer :

    Filmsonor Marceau

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    世智がらい現代と、昔日のロマンチシズムの時代のほぼ中間、つまり、第一次世界大戦によって終りをつげた時代の話である。フランスの或田舎町にある 第三三騎兵隊の中尉アルマン(ジェラール・フィリップ)は、ドン・ファンの名に適わしい人物だった。その彼がある時、同僚達と賭をする。一カ月以内に、偶 然の選択によって選ばれた女性の恋人になってみせると高言する。その代り、大演習に出かける前の晩の豪華な晩餐会の費用はアルマンが賭に勝ったら町の人々 が払い、負けたら騎兵隊の将校達が自腹をきることになる。翌日アルマンの賭の相手が決まる。マリイ・ルイズ(ミシェル・モルガン)という名前で、パリ生れ の女。この町に最近やって来て婦人服店を開いている。離婚したばかりの彼女は、噂によると、この町の上流社会の名士ヴィクトル(ジャン・ドザイ)に求婚し てもらおうと望んでいるということだった。アルマンはルイズを追っかけ廻すが、あくまでも素気なく、冷くあしらわれる。ドン・ファンとしては思ってもみな いことだった。遂に彼は奇蹟を待つ外はなくなった。ところが、ある舞踏会の折、その奇蹟がもちあがる。ルイズとアルマンがワルツを踊っている間に彼女が自 分に無関心でないことに気付く。ヴィクトルがいなければ、翌日のランデヴーの約束さえすることが出来たろう。忽ちライバル同士の争いが起り、町中が悪口の 云い合いになる。スキャンダルが持上るのを恐れた連隊長はアルマンに命令して二週間ばかりこの町から遠ざけてしまう。アルマンから離れてしまったルイズは 再び冷静さをとりもどす。彼女はアルマンの過去や、どうして自分に近付いたかという噂を聞き、彼が恐ろしくなり、ヴィクトルの求婚を受入れようとする。と ころが折も折、アルマンは決闘して重傷を負う。ルイズはアルマンを忘れかねていたため、二人の恋は遂に実を結ぶという結果になってしまう。すでにアルマン はルイズを心から愛してしまっていた。いよいよ一ヵ月前から予定されていた晩餐会が開かれアルマンは席上で本当に彼女を愛していると語ると“またアルマン が冗談をとばしている……"といい聴衆は彼の宣告を誰も真面目にとらない。ルイズは初めて自分が賭の対象にされたことを知る。アルマンの言訳が後に立つ筈 がなかった。一夜明けて、軍楽隊を先頭にアルマンの連隊は大演習に出掛けて行ったが、ルイズの窓は遂に閉じられたままだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Photos (5)

    クレジットタイトル詳細 (15)

    Assistant directors :

    Serge Vallin, Michel Boisrond

    プロデューサー :

    André Daven

    フォトディレクター :

    Robert Lefebvre

    撮影技師アシスタント :

    Robert Juillard, Daniel Diot

    製作部長 :

    Jacques Planté

    スクリプト :

    Francine Corteggiani

    美術装飾 :

    Léon Barsacq

    演出助手 :

    Jean Pieuchot

    Adapters/dialogue writers :

    René Clair, Jean Clouzot, Jean Marsan

    シナリオライター :

    René Clair

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    Camera operators :

    Jacques Robin, Gilbert Sarthre

    Editors :

    Louisette Hautecoeur, Denise Natot

    作曲家 :

    Georges Van Parys

    Costume designer :

    Rosine Delamare

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    愛, 戦争, 歴史

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1955

    フランス公開 :

    26/10/1955

    上映時間 :

    1 時間 47 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    16679

    ビザ発行日 :

    17/10/1955

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし

    Posters (7)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    受賞

    French Syndicate of Cinema Critics - 1956

    French Syndicate of Cinema Critics (1956)

    French Syndicate of Cinema Critics Price