このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛する者の名において

愛する者の名において

A 長編映画 by Robert Enrico

Produced by Héroux Claude Production, TF1 Films Production, Les Producteurs Associés

Release in France : 09/11/1983

    あらすじ

    山火事で愛する家族を失い、失意のどん底にある男、マルタン・グレイ(マイケル・ヨーク)がテープ・レコーダーに 向って、これまでの半生を回想する。--悲劇は一九三九年九月、ドイツ軍のワルシャワ占領から始まった。ユダヤ人中流家庭に生まれた14才のマルタン (ジャック・ペノー)もまた他のユダヤ人たちとともにゲットー(ユダヤ人居住区)に押し込まれ数々の迫害をうける。家族のために闇商売で食糧を確保する生 活の中で芽生えた彼の恋も成就するはずなく、ドイツ軍の手によって恋人は殺害される。やがて始まる「東方移住」に死の危機を感じたマルタンは、父(M・ ヨーク=二役)とともにゲリラ戦を展開するが、遂に母(マーシャ・メリル)や弟達が追いたてられる姿に彼らと行動を共にする。やがて母達がガス室で殺され たと聞き、悲しみ、復讐に燃えるマルタンは収容所からの脱出に成功、四十三年のワルシャワ蜂起に参加するが、この戦いで父を失ってしまう。難を逃れたマル タンはパルチザンに加わり、後に赤軍の中尉としてベルリンに侵攻するが、心は晴れない。「誰のために生きるのか」の答えを求め祖母(ヘレン・ユーグ)の住 むアメリカへ渡ったマルタンは、古美術商として事業に成功、愛する女性ディナ(ブリジット・フォッセー)と結婚し、四児をもうけ南仏で幸せな家庭を築いた かのように見えた矢先のこの山火事--回想を終えたマルタンの心に現われるのは、戦争で、災害に死んでいった愛すべき人たち。「誰のために生きるのか」の 言葉を胸にマルタンは生き続ける決意をするのだった。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (15)

    映画製作・配給会社 (3)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (17)

    製作代表 :

    Jacques-Eric Strauss

    Adapters/dialogue writers :

    Max Gallo, Robert Enrico, Martin Gray

    Producers :

    André Djaoui, Robert Enrico, Jacques-Eric Strauss, Pierre David

    Sound recordists :

    Claude Hazanavicius, Harrik Maury

    Editors :

    Patricia Neny, Sophie Cornu

    Assistant editors :

    Michel Klochendler, Aurore Camp

    作曲家 :

    Maurice Jarre

    Costume designer :

    Corinne Jorry

    スチールマン :

    Yves Mirkine

    Assistant directors :

    Jérôme Enrico, Angelo Pastore

    原作者 :

    Martin Gray, Max Gallo

    フォトディレクター :

    François Catonné

    撮影技師アシスタント :

    Pascal Ridao, Michel Sourioux

    Sound editor :

    Michèle Neny

    装飾 :

    Jean-Louis Poveda

    Foley artist :

    Daniel Couteau

    サウンド・ミキサー :

    Jean Nény

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 戦争

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, カナダ, ハンガリー

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, カナダ, ハンガリー)

    製作年 :

    1983

    フランス公開 :

    09/11/1983

    上映時間 :

    2 時間 25 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    55232

    ビザ発行日 :

    08/08/1983

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    セザール賞(フランス映画) - 1984

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1984)

    Selection (2)

    Best Screen Adaptation : Robert Enrico

    Most Promising Actor : Jacques Penot