このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
フィフス・エレメント

フィフス・エレメント

A 長編映画 by Luc Besson

Produced by Gaumont

Release in France : 07/05/1997

    あらすじ

    1914年、ナイル河畔の地下神殿に書かれた古代文字をアメリカの考古学者が解読しようとしていた。火・水・土・風の4つの要素に囲まれた5つ目の何 か……その謎に近づいた時、突如、空から巨大な船体が地上に降り立ち、船から出てきた謎の生物たちに神殿を守る神官がかしづく。神殿の壁を開いた生物たち は4つの要素を彫った石を持ち帰った。2214年、NY。正体不明の有機体が地球に接近していた。統一宇宙連邦のリンドバーグ大統領(ティニー・リスター Jr.)に接見を求めたコーネリアス神父(イアン・ホルム)は、その有機体が5千年に一度地球にやっくる邪悪な反生命体であること、それを撃退するため、 宇宙最高の知力を持つモンドシャワン人が4つの石を持って助けに来ることを告げた。だが、モンドシャワン人の宇宙船は、武器商人ゾーグ(ゲイリー・オール ドマン)の手下に成り下がっているマンガロワ人に撃墜されてしまう。地球に持ち帰られた死体の一部から細胞を再生すると、完璧に均整のとれた肉体と緑の瞳 を持つ一糸まとわぬ美しい少女が現れた。地球の言語が分からない彼女は研究室の壁を破って外へ飛び出し、地上450階から空中にダイブした。彼女は、元統 一宇宙連邦軍の精鋭で、今はタクシー運転手をしているコーベン・ダグラス(ブルース・ウィリス)の車に飛び込む。彼女の美しさにひかれたコーベンは、警官 隊を振り切って逃げ去った。彼女の名はリールー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。コーベンは地球上で唯一彼女の言葉が分かるコーネリアス神父の元へ連れてい き、モンドシャワン人たちが4つの石板を連邦宇宙系で人気・実力最高の歌姫ディーヴァに託したことを知る。彼女は10年に1度、フロストン・パラダイスと いうリゾート星でコンサートを行い、明日がその日だ。マンロー将軍(ブライオン・ジェームズ)は元部下のコーベンに石を探し出す任務を与える。コーベンと リールーは、ゾーグの部下やマンガロワ人に妨害されながらも何とかフロストン星に降り立った。オペラ・コンサートの夜、マンガロワ人たちが襲撃し、舞台の ディーヴァが銃弾に倒れた。瀕死の彼女はコーベンに、石板は体内にあることを告げる。石板を手に入れたコーベンは戦場と化したオペラ座で、彼に付きまとう 人気DJルビー・ロッド(クリス・タッカー)の助けを借りて敵を一掃。人心地着く間もなく、あと20分で星が爆破されると知ったコーベンたちは宇宙船で脱 出に成功したが、ゾーグは爆死した。一行はナイルの神殿にたどり着くが、反生命体は加速し、1時間52分後に地球と衝突するという。4つの石が揃い、リー ルーとコーベンの愛し合う力が威力を発揮して反生命体は地球から遠ざかり、危機は回避された。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Videos

    15/09/2015

    フィフス・エレメント

    Official Trailer

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (47)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    I started writing a novel when I was 16. I didn't think about turning it into a movie until much later. In fact, it came to me little by little. "The Fifth Element" is certainly the movie of mine that is the furthest from reality : it was my wildest project, I wanted to make a film that was pure entertainment. But you never really work for a particular audience, you simply hope that an audience will be charmed, touched and moved, the size doesn't really matter. For "The last Battle", for example, there was a relatively low audience - but a very happy one; for "The Big Blue", the audience was much, much larger and people were just as happy; even if they weren't the same ones ! "The Fifth Element" is a real invitation to travel, to get away from it all. I believe you have to feel the need, to really want to, and that you have to be in that frame of mind to fully enjoy the film. (Luc Besson)

    Photos (7)

    クレジットタイトル詳細 (16)

    製作代表 :

    Patrice Ledoux

    Adapters/dialogue writers :

    Luc Besson, Robert Mark Kamen

    海外プロデューサー :

    Iain Smith

    フォトディレクター :

    Thierry Arbogast

    音声アシスタント :

    Jean-Marie Blondel

    報道担当(映画) :

    Isabelle Sauvanon

    編集アシスタント :

    Yann Hervé

    作曲家 :

    Éric Serra

    Assistant directors :

    Pascal Chaumeil, Franck Lebreton, Frédéric Garson

    プロデューサー :

    Patrice Ledoux

    共同製作 :

    Iain Smith

    録音技師 :

    Daniel Brisseau

    撮影技師アシスタント :

    Sophie Bosquet

    Editor :

    Sylvie Landra

    装飾 :

    Dan Weil

    Costume designer :

    Jean-Paul Gaultier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    SF

    言語 :

    英語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    いいえ

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1997

    フランス公開 :

    07/05/1997

    上映時間 :

    2 時間 6 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    90.813

    ビザ発行日 :

    06/05/1997

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Posters (7)

    監督

    ニュース (16)

    映画祭でのセレクション (4)

    オスカー  - 1998

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1998)

    Selection

    Oscar Nomination in the Best Editing category

    セザール賞(フランス映画) - 1998

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1998)

    Selection (8)

    Best Costume Design : Jean-Paul Gaultier

    Best Sound : Daniel Brisseau

    Best Production Design : Dan Weil

    Best Cinematography : Thierry Arbogast

    Best Editing : Sylvie Landra

    Best Original Music : Éric Serra

    Best Director : Luc Besson

    Best Film

    Lumiere Awards - 1998

    Lumiere Awards (フランス, 1998)

    Selection


    受賞 (2)

    セザール賞(フランス映画) - 1998

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1998)

    賞 (3)

    César Award for Best Director : Luc Besson

    César Award for Best Cinematography : Thierry Arbogast

    César Award for Best Production Design : Dan Weil

    Lumiere Awards - 1998

    Lumiere Awards (フランス, 1998)

    Meilleur réalisateur : Luc Besson

    代表団 (2)

    Lumiere Awards - 1998

    Lumiere Awards (フランス, 1998)

    Team

    監督 : Luc Besson

    Website