このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
最後の戦い

最後の戦い

A 長編映画 by Luc Besson

Produced by Les Films du Loup

Release in France : 06/04/1983

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (2)

製作代表 :

Les Films du Loup

Film exports/foreign sales :

Gaumont

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (7)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

近未来。世界は文明の痕跡を残さぬほどに破壊されていた。わずかに生き残った男たちは、声帯に異常をきたし、言語によるコミュニケイションは不可能 になっていた。砂と瓦礫に埋もれたビルの最上階のオフィスに暮らしている男(ピエール・ジョリヴェ)は、毎日軽飛行機を組み立てている。少し離れたところ には、独裁者(フリッツ・ヴェッパー)に支配されている男たちがいる。彼らのいる廃屋から飛行機の部品を少しずつ調達していた若い男は、完成の直前、バッ テリーを盗まれたことに気づいた男たちに追われることになってしまう。間一髪で彼は、飛行機で飛び立つ。しかし、彼が目指したパリも荒廃していた。懐かし いアパルトマンには、妻も子供もいなかった。そこでもわずかに生き残った男たちが、凄惨な戦いをしていた。年老いた医師(ジャン・ブイーズ)は、古い病院 を要塞にして篭っていた。そこに貯蔵された食糧を狙って、凶暴な男(ジャン・レノ)が襲ってくるが、医師のほうが勝った。その病院に凶暴な男に傷つけられ た若い男が、運び込まれた。医師の看護で立ち直る若い男。ある日、彼は、別の病棟に保護されていた若い女との面会を医師から許されるが、彼がその部屋に行 くまえに、凶暴な男によって、女は殺されてしまった。その男を倒し、若い男は、もとの場所に戻っていく。そこで彼は、独裁者として君臨するのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Luc Besson

Producers :

Luc Besson, Pierre Jolivet

Screenwriters :

Pierre Jolivet, Luc Besson

撮影技師アシスタント :

Vincent Jeannot

Production Designers :

Thierry Flamand, Christian Grosrichard

Costume designer :

Martine Rapin

監督補佐 :

Patrick Alessandrin

エグゼクティブプロデューサー :

Constantin Alexandrov

フォトディレクター :

Carlo Varini

Editor :

Sophie Schmit

作曲家 :

Éric Serra

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

SF

言語 :

サイレント

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1983

フランス公開 :

06/04/1983

上映時間 :

1 時間 36 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

56479

ビザ発行日 :

10/03/1983

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

スコープ

Audio format :

モノラル