このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
L'Annonce faite à Marius

L'Annonce faite à Marius

A 長編映画 by Harmel Sbraire

Release in France : 28/01/1998

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (3)

Co-productions :

StudioCanal, France 2 Cinéma

フランス国内配給 :

Rezo Films

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

Marius, a young West Indian guy recently arrived in Paris, can’t find enough work to live on so he reluctantly accepts a job as a human lab rat, testing new medicines. There he meets Professor Migeon, a renowned obstetrician who runs the laboratory and also conducts obscure research in a disused clinic. Marius turns out to be the Professor’s ideal guinea pig. Without telling him, he implants “a synthetic embryo in the fatty tissue layer” of Marius’s peritoneum. Marius is trapped.

Subject

“L’annonce faite à Marius” is a comedy which addresses a very topical issue. In “genetic manipulation”, the crucial word is “manipulation”. The film is primarily a realistic comedy of feelings in which the Absurd and a grating sense of humour are the key components. (Harmel Sbraire - excerpt from press kit)

クレジットタイトル詳細 (10)

製作代表 :

Jean-Louis Monthieux

フォトディレクター :

Pascal Lagriffoul

報道担当(映画) :

Laura Gouadain

装飾 :

Christian Marti

Costume designers :

Cristine Guégan, Eric Perron

Adapters/dialogue writers :

Harmel Sbraire, Jackie Berroyer

録音技師 :

Bernard Aubouy

Editor :

Sylvie Gadmer

作曲家 :

3ème Oeil

スチールマン :

Guy Ferrandis

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1998

フランス公開 :

28/01/1998

上映時間 :

1 時間 25 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.548

ビザ発行日 :

05/12/1997

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66