このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ガッジョ・ディーロ

ガッジョ・ディーロ

A 長編映画 by Tony Gatlif

Produced by Princes Films

Release in France : 08/04/1998

  • Contents

俳優 (4)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Princes Films

フランス国内配給 :

AFMD

Film exports/foreign sales :

Océan Films Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (37)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

父 の形見のカセットテープを片手にルーマニアにやってきたステファン(ロマン・デュリス)。そこで彼はウォッカをあおる老人イシドール(イシドール・サーバ ン)と出会う。二人は風雪吹きすさぶ中、歌って飲んで夜を明かす。翌朝、イシドールの部屋で寝ていたステファンをロムの村人が取り囲む。その中にひときわ 冷ややかに見つめるサビーナ(ローナ・ハートナー)の姿があった。イシドールはステファンがジプシーの言葉、ロムを勉強しに来たと村人に説明し、騒ぎを静 める。監獄に送られた息子と引き換えに神が彼を遣わしたと感じていたイシドールはステファンにとどまるよう説き伏せた。その後、ステファンは賓客として扱 われ、村人と交流を深めていった。かつてベルギーに住んだことのあるサビーナは彼の通訳となり次第に心を引かれ合う。イシドールたちのおかげでテープの声 の主を探し出すが、すでに死んでしまっていた。かわりにステファンは喜び、悲しみの詰まったロマの歌を録音し始める。ある日、出所したイシドールの息子 が、酒場でルーマニア人をあやめてしまう。ルーマニア人たちは村に火を放ち、逃げ込んだ息子を焼き殺す。村外れの路傍でステファンはこれまで録音したテー プをすべて壊し、埋葬するのだった。

Subject

I wanted to make a free film, an anarchist’s film, and I think it’s actually my most accomplished movie — not in terms of pictures on the screen, but in terms of sincerity. The poetry in it comes from real life. In looking for that truth, that sincerity, I chanced upon that poetry of the real. “Gadjo Dilo” is the last part of my trilogy about the Gypsies, after “Les Princes” and “Latcho Drom”. I wanted to let myself go and say everything.

Tony Gatlif

クレジットタイトル詳細 (14)

製作代表 :

Tony Gatlif

フォトディレクター :

Éric Guichard

製作部長 :

Doru Mitran

Editor :

Monique Dartonne

Assistant editor :

Nadine Verdier

作曲家 :

Tony Gatlif

Costume designer :

Mihaela Ularu

Screenwriters :

Tony Gatlif, Kits Hilaire

録音技師 :

Nicolas Naegelen

報道担当(映画) :

Robert Schlockoff

音声編集担当 :

Fabrice Servera

Production Designer :

Brigitte Brassart

Singer :

Rona Hartner

サウンド・ミキサー :

Dominique Gaborieau

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

旅行, 彷徨

言語 :

フランス語, ロマニ語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1998

フランス公開 :

08/04/1998

上映時間 :

1 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

90.825

ビザ発行日 :

17/09/1997

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSR

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (6)

ワルシャワ フランス映画祭 - 1999

ワルシャワ フランス映画祭 (ポーランド, 1999)

Selection

選出作品

セザール賞(フランス映画) - 1999

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1999)

Selection (3)

Best Original Music : Tony Gatlif

Most Promising Actor : Romain Duris

Most Promising Actress : Rona Hartner

プンタデルエスト 
映画祭 - 1999

プンタデルエスト  映画祭 (ウルグアイ, 1999)

Selection

選出作品

Montreal World Film Festival - 1997

Montreal World Film Festival (カナダ, 1997)

Selection (2)

その他の賞

Out of Competition

Locarno International Film Festival - 1997

Locarno International Film Festival (スイス, 1997)

Selection

International Competition

受賞 (3)

セザール賞(フランス映画) - 1999

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1999)

César Award for Best Original Score : Tony Gatlif

Montreal World Film Festival - 1997

Montreal World Film Festival (カナダ, 1997)

Grand Prize of the Americas : Tony Gatlif

Locarno International Film Festival - 1997

Locarno International Film Festival (スイス, 1997)

賞 (2)

シルバー・レオパール賞

女優賞 : Rona Hartner

代表団 (3)