このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
溺れゆく女

溺れゆく女

A 長編映画 by André Téchiné

Produced by Les Films Alain Sarde

Release in France : 04/11/1998

  • Contents

俳優 (11)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Les Films Alain Sarde

海外製作作品 :

Vertigo Films

フランス国内配給 :

Bac Films Distribution

Co-productions :

France 2 Cinéma, France 3 Cinéma

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (31)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パリ。20歳の青年マルタン(アレックス・ロレ)はアリス(ジュリエット・ビノシュ)というヴァイオリニストに逢 い、恋に落ちる。だが彼は私生児として生まれたという過去の記憶に苛まれていた。10歳の時、実母ジャニーヌ(カルメン・マウラ)の独断で、会ったことも ない実父ヴィクトールの元に連れて行かれてしまう。以来、彼は工場を経営し、家庭でも暴力をふるう父親の屋敷で成長したが、ある日失踪し、兄弟の中で唯一 気が合ったゲイの兄バンジャマン(マチュー・アマリック)のアパートに転がり込んだのだった。アリスは俳優を目指す兄の同居人で、マルタンも兄の紹介でモ デルになり、成功をおさめた。アリスが妊娠を告げた時、彼は過去のトラウマによって情緒不安定になる。実は、倒産寸前の工場をめぐる兄弟喧嘩で兄ソランソ ワが自殺し、さらに父ヴィクトールの背徳行為を知ったマルタンは、父と口論になり、誤って彼を突き落とし、殺してしまったのだ。総てを聞いたアリスは彼の 故郷を訪ね、家族と会い、ヴィクトールがマルタンを愛していたことを聞き出し、兄弟に真実を伝えた。かくして、マルタンは警察へ行き事件を告白し、アリス は彼の子供を生む決意をするのだった。

Source : movie.walkerplus.com

Subject

Téchiné and screenwriter Gilles Taurand sharply etch a thrilling portrait of a murderer. Can someone as gentle, indecisive and harmless as Martin really have killed somebody? The entire film, in its vagabond, physical and deliberately casual way—just like Martin himself—tries to answer this wonderfully incorrect question. The answer comes when Alice gets pregnant, as though a future life might appease the dead. Along the way, the film says some magnificent things about women’s stubborn determination to be happy, about women’s ability to force the hand of fate, and about men’s tendency to bend to it. (Danièle Heymann in “Marianne,” November 2nd 1998)

クレジットタイトル詳細 (12)

製作代表 :

Alain Sarde

Director of photography :

Caroline Champetier

報道担当(映画) :

Dominique Segall

装飾 :

Ze Branco

Costume designer :

Élisabeth Tavernier

デジタル映像効果 :

Bruno Maillard

Screenwriters :

André Téchiné, Gilles Taurand, Olivier Assayas

Sound recordists :

Jean-Paul Mugel, Jean-Pierre Laforce, Michel Klochendler

Editor :

Martine Giordano

作曲家 :

Philippe Sarde

フランスの配給会社 :

Jean Labadie

スチールマン :

Marion Stalens

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

センチメンタルコメディ

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, スペイン

Original French-language productions :

はい

製作国 :

大部分フランス (フランス, スペイン)

製作年 :

1998

フランス公開 :

04/11/1998

上映時間 :

2 時間 3 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

91.629

ビザ発行日 :

09/10/1998

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Posters (1)

監督

ニュース

映画祭でのセレクション (4)

BFI London Film Festival - 1999

BFI London Film Festival (イギリス, 1999)

Selection

長編映画公式セレクション

メルボルン フランス映画祭 - 1999

メルボルン フランス映画祭 (オーストラリア, 1999)

Selection

選出作品

Website