このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛する者よ、列車に乗れ

愛する者よ、列車に乗れ

A 長編映画 by Patrice Chéreau

Produced by Telema

Release in France : 15/05/1998

    あらすじ

    生前パリに住んでいた、今は亡き画家兼美術教師のジャン=バチスト・エムリック(ジャン=ルイ・トランティニャ ン)が残した遺言、「私を愛する者はリモージュ行きの列車に乗りなさい」に従って、彼を愛した人々が、パリ・オーステルリッツ駅から墓地のあるリモージュ 行きの列車に乗り込んだ。メンバーは、ジャン=バチストの甥ジャン=マリ(シャルル・ベルリング)とその別居中の妻クレール(ヴァレリア・ブルーニ=テデ スキ)、ジャン=バチストの元恋人フランソワ(パスカル・グレゴリー)とその現在の恋人ルイ(ブリュノ・トデスキーニ)、ジャン=バチストの最後の恋人ブ リュノ(シルヴァン・ジャック)、ジャン=バチストの遺産相続人となる少女エロディ(デルフィーヌ・シルツ)とその母カトリーヌ(ドミニク・ブラン)な ど。彼らの葬儀へ向かう二日間の旅が始まる。その間、ジャン=マリは久々に会った妻クレールが妊娠していることを知って激しく動揺し、ルイはブリュノとト イレの中で愛し合う。フランソワは自分がエイズ患者であることをルイに告げる。それにショックを受けたルイは、一人途中下車してしまうといった、様々な人 間模様が展開される。そして列車はリモージュに到着、一行は墓地へ向かう。そこでジャン=マリは、十五年来連絡を取っていなかったジャン=バチストの双子 の弟である父リュシアン(ジャン=ルイ・トランティニャン、二役)と対面する。埋葬が始まり、葬儀が終わると、一行はエムリック家へと向かい、そこで今ま で押し殺していた感情を爆発させるかのように、それぞれジャン=バチストとの関係を赤裸々に語り始める。そして互いに言葉をぶつけ合い、すべてをさらけ出 す中で、彼らは、自分達が抱えている問題の解決の糸口を見つけ出していくのだった。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (18)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Telema

    Film exports/foreign sales :

    FTD International Cinéma

    Co-productions :

    STUDIOCANAL, France 2 Cinéma, France 3 Cinéma, Azor Films

    フランス国内配給 :

    Bac Films Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (21)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    “Now I know what the cinema brings me and I can’t find anywhere else. It’s a mistake to force a distinction between cinema and theatre as some people do, even though I know that this is a country where borders are not easily crossed. So when I meet people who ask me what I’m doing and I say I’ve just finished one film and am

    starting another (which is true), they say “But what about the theatre?” “No immediate plans.” “What a pity!” they exclaim. It’s not a pity. The cinema and the theatre are not two separate, incompatible worlds, no matter what people say. With all due respect I prefer to recall “Citizen Kane”, of which the credits include those wonderful words: “Filmed with the actors of the Mercury Theater”... (Patrice Chereau)

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Charles Gassot

    Screenwriters :

    Patrice Chéreau, Danièle Thompson, Pierre Trividic

    Sound recordists :

    Guillaume Sciama, Jean-Pierre Laforce

    撮影技師アシスタント :

    Stéphane Fontaine

    編集担当 :

    François Gédigier

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    キャスティング :

    Pascale Béraud

    フランスの配給会社 :

    Jean Labadie

    サウンド・ミキサー :

    Olivier Dô Hûu

    Assistant directors :

    Sébastien Deux, Antoine Garceau, Stéphane Metge

    フォトディレクター :

    Éric Gautier

    音声アシスタント :

    Michel Casang

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall, Laurent Renard

    Sound editor :

    Nadine Muse

    Production Designers :

    Richard Peduzzi, Sylvian Chauvelot

    Costume designer :

    Caroline de Vivaise

    映画輸出業者 :

    Jacques-Eric Strauss

    スチールマン :

    Luc Roux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    テーマ :


    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1998

    フランス公開 :

    15/05/1998

    上映時間 :

    2 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    89.207

    ビザ発行日 :

    06/05/1998

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Posters (1)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (11)

    マドリッド フランス映画祭 - 2000

    マドリッド フランス映画祭 (スペイン, 2000)

    Selection

    選出作品

    メルボルン フランス映画祭 - 1999

    メルボルン フランス映画祭 (オーストラリア, 1999)

    Selection

    選出作品

    セザール賞(フランス映画) - 1999

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1999)

    Selection (12)

    Best Film

    Best Sound : Jean-Pierre Laforce, Nadine Muse, Guillaume Sciama

    Best Production Design : Sylvain Chauvelot, Richard Peduzzi

    Best Cinematography : Éric Gautier

    Best Animated Film : Éric Gautier

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Patrice Chéreau, Danièle Thompson, Pierre Trividic

    Best Editing : François Gédigier

    Best Supporting Actor : Jean-Louis Trintignant

    Best Supporting Actor : Vincent Perez

    Best Supporting Actress : Dominique Blanc

    Best Actor : Pascal Greggory

    Best Director : Patrice Chéreau

    プンタデルエスト 
映画祭 - 1999

    プンタデルエスト  映画祭 (ウルグアイ, 1999)

    Selection

    選出作品

    Cannes International Film Festival - 1998

    Cannes International Film Festival (フランス, 1998)

    Selection

    公式長編映画セレクション

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1999

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1999)

    賞 (3)

    César Award for Best Director : Patrice Chéreau

    César Award for Best Supporting Actress : Dominique Blanc

    César Award for Best Cinematography : Éric Gautier

    代表団 (3)