このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ハーフ・ア・チャンス

ハーフ・ア・チャンス

A 長編映画 by Patrice Leconte

Produced by Films Christian Fechner

Release in France : 25/03/1998

  • Contents

俳優 (19)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Films Christian Fechner

共同製作 :

TF1 Films Production

フランス国内配給 :

Fox France

Associate producer :

Ugc

Film exports/foreign sales :

TF1 Studio (ex-TF1 International)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (24)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

高級車窃盗常習犯のアリス(ヴァネッサ・パラディ)は出所後、服役中に亡くなった母親ジュリエットが遺したカセット・テープで、自分の父親が彼女が 20年前同時に愛したふたりの男のどちらかだと知らされる。ふたりの男とはジュリアン・ヴィニャル(アラン・ドロン)とレオ・ブラサック(ジャン=ポー ル・ベルモンド)。ところが、ジュリアンは表向きはレストランのオーナーだが実は名うての宝石泥棒、レオは今は中古高級車販売業者ながらかつては外国人部 隊で鳴らしたエリート軍人だった。突然娘として現れたアリスをめぐってお互いに父親だと張り合うふたりだが、ひょんなことからアリスがチェチェン・マフィ アのドラッグ取引の大金を積んだ高級車を拝借してしまい、マフィアの魔手が3人に伸びる。3人はマフィアのドン、アナトーリ(ヴァレリー・ガタエフ)の誕 生パーティ会場に乗り込んで大暴れして反撃、マフィアに挑む。マフィアはアリスを誘拐するが、ふたりは敵の本拠地に殴り込み、みごとアリスを救出し、凱歌 をあげるのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

"I wanted to make a film that would be pure entertainment. Really, deliberately! A mainstream, popular film. A show! Entertainment movies are there to be enjoyed at face value, for sheer fun. I wanted the actors to really have fun with their performances, even if the filming was sometimes difficult and complicated. I wanted the movie to be like one huge electric train set. Belmondo, Delon and Vanessa threw themselves into the filming like kids in a giant playground." (Patrice Leconte)

美しき娘のために体を張るふたりの初老の犯罪のプロの活躍を描く娯楽アクション。フランス二大俳優、アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが 「ボルサリーノ」(74)以来24年ぶりに再共演、ドロンが本作を最後に映画俳優として引退宣言を行ったことでも話題に。監督は「リディキュール」のパト リス・ルコントで、本格的なアクション作としては「スペシャリスト」(85)以来14年ぶりとなる。製作代表は「スペシャリスト」のクリスチャン・フェ シュネール。脚本はブリュノ・タルドンの原案を基にルコント、「タンデム」のパトリック・ドゥヴォルフが執筆、「パトリス・ルコントの大喝采」のセル ジュ・フリードマンが台詞を担当。撮影はスティーヴン・ポスター。音楽は「ラブetc.」のアレクサンドル・デズプラ。美術のイヴァン・モシオン、編集の ジョエル・アッシュ、衣裳のアニー・ペリエ=フーロンはルコント作品の常連。共演は「エリザ」のヴァネッサ・パラディ、「ミナ」のエリック・デフォス、 「ボーマルシェ フィガロの誕生」のミシェル・オーモンほか。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (18)

製作代表 :

Christian Fechner

原案 :

Bruno Tardon

Screenwriters :

Patrice Leconte, Patrick Dewolf

Sound recordists :

Paul Lainé, Joël Rangon

撮影技師 :

Patrice Leconte

報道担当(映画) :

Karine Ellena

装飾 :

Ivan Maussion

Costume designer :

Annie Périer-Foulon

スチールマン :

Patrick Camboulive

Adapters/dialogue writers :

Serge Frydman, Patrice Leconte, Patrick Dewolf

エグゼクティブプロデューサー :

Hervé Truffaut

Directors of Photography :

Steven Poster, Jean-Claude Thibaut

撮影技師アシスタント :

Florent Bazin, Valerio Villalba

製作部長 :

Philippe Schwartz

Editor :

Joëlle Hache

作曲家 :

Alexandre Desplat

サウンド・ミキサー :

Dominique Hennequin

演出助手 :

Daniel Baschieri

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー, 推理

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1998

フランス公開 :

25/03/1998

上映時間 :

1 時間 49 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

92.070

ビザ発行日 :

11/02/1998

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーDTS