このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Let There Be Light

A 長編映画 by Arthur Joffé

Produced by Ciby 2000

Release in France : 08/07/1998

  • Contents

俳優 (21)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Ciby 2000

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

France 2 Cinéma

フランス国内配給 :

AFMD

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

For the first time in his long career, God the Eternal, the All-Powerful, is displeased with events on Earth and decides to use sound and vision to bring his message to mankind. As soon as the divine script is ready, he plucks up his courage and comes down to earth to look for a director worthy of filming his masterpiece. His first landfall, somewhere in California, turns sour. Then he remembers an old love affair and his thoughts turn to France.

Subject

I see this film mainly as a fable and a parable about artistic endeavor, the difficulty of defending your work and making it exist for yourself and for others, whether you’re a musician, a painter, a dancer or a writer. About the art of cinema itself, I’d quote Henri Langlois: “Cinema is light in darkness.” (Arthur Joffé)

クレジットタイトル詳細 (14)

製作代表 :

Claudie Ossard

シナリオライター :

Arthur Joffé

フォトディレクター :

Philippe Welt

報道担当(映画) :

Dominique Segall, Jean-Christophe Hedier

装飾 :

Nikos Meletopoulos

キャスティング :

Marion Tenet

サウンド・ミキサー :

Thierry Lebon

Adapters/dialogue writers :

Jean-Louis Benoît, Laurent Jaoui, Arthur Joffé

あてレコ :

Pierre Arditi

Sound recordists :

Pierre Gamet, Michel Kharat

Editor :

Marie Castro

作曲家 :

Jean-Claude Nachon, Angélique Nachon

Costume designer :

Madeline Fontaine

スチールマン :

Dominique Le Strat

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1998

フランス公開 :

08/07/1998

上映時間 :

1 時間 50 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.222

ビザ発行日 :

17/06/1998

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85