このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The School of Flesh

The School of Flesh

A 長編映画 by Benoit Jacquot

Produced by Pyramide Productions

Release in France : 18/11/1998

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Pyramide Productions

Foreign production companies :

Samsa Film, Artémis Productions

フランス国内配給 :

Pyramide Distribution

Co-productions :

VM Productions, Arte France Cinéma

Film exports/foreign sales :

Pyramide International

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (18)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

In modern Paris, Dominique leads the life of a well-off single woman, with a natural elegance enhanced by the style that goes with her job in a leading fashion house. When she meets Quentin in a gay bar, the young man's beauty sets her reeling. The promise of love, hoped for but unexpected, runs riot in her life. She makes Quentin quit his job, provides for his needs and moves him in with her.

Subject

For reasons of convenience, I asked Jacques Fieschi to write the script of “The School of Flesh” for me, based on the novel by Mishima, about which I knew almost nothing. It’s a routine part of film-making, but I’d never done it that way before and I was naturally very excited. I knew I was going to dream, but I didn’t know what about. Nevertheless, it’s unquestionably an “auteur” film. For me, making a film is not mainly about writing the script. It’s in the nitty-gritty of the mise-en-scène that the film becomes somebody’s creation. (Benoît Jacquot in “Libération”, November 18th, 1998)

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (22)

製作代表 :

Fabienne Vonier

原作者 :

Yukio Mishima

エグゼクティブプロデューサー :

Zakaria Alaoui

Foreign producers :

Patrick Quinet, Claude Waringo, Arlette Zylberberg

Sound recordists :

Jean-Claude Laureux, Brigitte Taillandier

製作部長 :

Daniel Baschieri

Sound editors :

Jean-Claude Laureux, Nicolas Naegelen

スクリプト :

Geneviève Dufour

Foley artist :

Pascal Chauvin

Costume designer :

Corinne Jorry

Sound mixers :

Jean-Pierre Laforce, Olivier Dô Hûu

Assistant directors :

Frédéric Fonteyne, Raphaël Frydman, Antoine Santana

Producers :

Vincent Malle, Fabienne Tsaï

Screenwriters :

Benoit Jacquot, Jacques Fieschi

Director of photography :

Caroline Champetier

撮影技師アシスタント :

Léo Hinstin, Julien Hirsch

編集担当 :

Luc Barnier

Assistant editors :

Tina Baz Le Gal, Claude Broutin, Nadia Dalal

Production Designer :

Katia Wyszkop

キャスティング :

Stéphane Foenkinos, Frédérique Moidon

メイク :

Nathalie Tissier

スチールマン :

Jérémie Nassif

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

同性愛

言語 :

フランス語

出身 :

ルクセンブルク, ベルギー, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (ルクセンブルク, ベルギー, フランス)

製作年 :

1998

フランス公開 :

18/11/1998

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

93.753

ビザ発行日 :

29/09/1998

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーSRD

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (10)

プラハ フランス映画祭 - 1999

プラハ フランス映画祭 (チェコ共和国, 1999)

Selection

選出作品

Istanbul Film Festival - 1999

Istanbul Film Festival (トルコ, 1999)

Selection

文学から銀幕へ

メルボルン フランス映画祭 - 1999

メルボルン フランス映画祭 (オーストラリア, 1999)

Selection

選出作品

Cannes International Film Festival - 1998

Cannes International Film Festival (フランス, 1998)

Selection

公式長編映画セレクション