このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
しあわせ

しあわせ

A 長編映画 by Claude Lelouch

Produced by Les Films 13

Release in France : 18/11/1998

  • Contents

俳優 (14)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Les Films 13

Film exports/foreign sales :

Les Films 26

Co-productions :

Neuilly Productions, SDA Productions, UGC Images, TF1 Films Production

フランス国内配給 :

Fox France

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (11)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

元プリマドンナのミリアム(アレッサンドラ・マルティネス)は、ダンスのパートナーだった夫ローラン(ローラン・イレール)に去られた心の痛手に苦しんでいた。最愛の息子セルジュ(アルテュール・シェソン)と共に、愛の記憶が眠る思い出の地、ヴェネチアを再訪したミリアムは、真実を忌み嫌う贋作画家のピエール(ピエール・アルディティ)と出会う。新たな愛に胸をときめかせ、再び生きる喜びを手に入れたかに見えた矢先、ミリアムに不幸が襲いかかる。海での不慮の事故が、ピエールとセルジュの命を奪い去ってしまったのだ。すべての愛を一瞬にして失い、失意の淵に立ちすくむ彼女は、セルジュが死の直前まで撮影していたビデオカメラの映像の記録をたどって旅に出る。だが旅の途中、うっかり空港でうたた寝してしまった彼女は、パスポートと共にビデオカメラを何者かに盗まれてしまう。そのカメラを偶然故買商から買ったのは、ベルギー出身の未来学の教授マルク(マルク・オローニュ)だった。その中のビデオテープに映っていたミリアムの姿に心を動かされたマルクは、彼女のゆくえを探す旅に出る。こうしてビデオテープは無事ミリアムのもとに届けられ、彼女は大きな愛の再生と癒しを手に入れるのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

“Chances or coincidences” amalgamates all the themes that fascinate me, beginning with my favorite: meetings. To me, “coincidence” is what the human mind can calculate; it’s a short term thing. “Chance” is on a different scale than human intelligence, it is a long term thing, incalculable, and I am fascinated by what I cannot calculate. The only fact I have learned for sure is that things never turn out the way you expect. Happiness and unhappiness is the difference between what you expected and what happens for real. (Claude Lelouch in “Le Film Français”, August 28th 1998)

クレジットタイトル詳細 (18)

製作代表 :

Claude Lelouch

Adapter/dialogue writer :

Claude Lelouch

シナリオライター :

Claude Lelouch

録音技師 :

Harald Maury

報道担当(映画) :

Arlette Gordon

音声編集担当 :

Jean Gargonne

スクリプト :

Laurence Couturier

作曲家 :

Francis Lai, Claude Bolling

Costume designer :

Dominique Borg

監督補佐 :

Brieuc Vanderswalm

エグゼクティブプロデューサー :

Inigo Lezzi, Jean-Paul de Vidas

フォトディレクター :

Pierre-William Glenn

撮影技師アシスタント :

Michel Galtier, Philippe Vene, Sébastien Leclercq

Editor :

Hélène de Luze

編集アシスタント :

Stéphane Mazalaigue

装飾 :

Jacques Bufnoir

Foley artists :

Pascal Chauvin, Pascal Dedeye

Sound mixers :

Gérard Rousseau, Jean-Charles Martel

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

センチメンタルコメディ

テーマ :

運命

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, カナダ

Original French-language productions :

はい

製作国 :

大部分フランス (フランス, カナダ)

製作年 :

1998

フランス公開 :

18/11/1998

上映時間 :

2 時間

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

91.882

ビザ発行日 :

20/11/1998

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (8)

シドニー 映画祭 - 1999

シドニー 映画祭 (オーストラリア, 1999)

Selection

ワールドシネマ

Istanbul Film Festival - 1999

Istanbul Film Festival (トルコ, 1999)

Selection

世界のフェスティバルより

Montreal World Film Festival - 1998

Montreal World Film Festival (カナダ, 1998)

Selection

Out of Competition

代表団