このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
嘘の心

嘘の心

A 長編映画 by Claude Chabrol

Produced by MK2 Films (ex MK2)

Release in France : 13/01/1999

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

MK2 Films (ex MK2)

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

France 3 Cinéma

フランス国内配給 :

MK2 Films (ex MK2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (22)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ブルターニュ。画家ルネ(ジャック・ガンブラン)と看護婦ヴィヴィアンヌ(サンドリーヌ・ボネール)の夫婦は田舎町で暮らしていたが、ある日ルネの絵画教室に通うエロディという10歳の少女が強姦された絞殺死体で発見された。彼女がレッスン直後に殺されたことから、若き女警部ルサージュ(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)はルネを容疑者と見なし、付近の住人らも彼に疑惑の目を向ける。孤軍奮闘していたヴィヴィアンヌはそんななか、人気作家のデモと知り合い、夫に背を向け、快活な彼と親密な関係に陥る。ふと知った妻の嘘から彼女の不貞を疑い、苦しむルネだったが、そんな折り第2の殺人が起こる。ルサージュは地元の住人に証言を求め、事態はますます混迷の度合いを増す。やがて事件の全貌が明るみにされるが、疑心暗鬼に陥った夫婦の間に横たわった闇は消えないのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

デモとのことで小さな嘘をつくヴィヴィアンヌ、そしてその嘘を知ってしまったルネ。果たして、夫は、殺人を犯してしまったのだろうか、そして妻は、不貞をしてしまったのだろうか?身近な人間ほどその内面はわからない、その不安を見事に描いた傑作。

少女殺人事件に巻き込まれた夫婦のあやうい感情の相克を描く心理サスペンス。監督は「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」のクロード・シャブロル。脚本・台詞は「ふくろうの叫び」のオディル・バルスキとシャブロル。製作のマラン・カルミッツ以下、音楽のマチュー・シャブロル、編集のモニク・ファルデュリス、衣裳のコリンヌ・ジョリーらシャブロルの常連スタッフが集結。撮影は「奇蹟の輝き」のエドゥアルド・セラ。出演は「レ・ミゼラブル」のジャック・ガンブラン、「沈黙の女」のサンドリーヌ・ボネール、「愛する者よ、列車に乗れ」のヴァレリア・ブルーニ=テデスキほか。

Source : movie.goo.ne.jp

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (21)

製作代表 :

Marin Karmitz

Adapter/dialogue writer :

Claude Chabrol

フォトディレクター :

Eduardo Serra

音声アシスタント :

Benoît Hardonnière

撮影技師 :

Michel Thiriet

報道担当(映画) :

Monica Donati, Eva Simonet

Assistant editors :

Florence Poulain, Olivier Rossignol

Production Designer :

Françoise Benoît-Fresco

Foley artists :

André Naudin, Gadou Naudin

サウンド・ミキサー :

Claude Villand

演出助手 :

Bruno Bernard

Assistant director :

Cécile Maistre

Screenwriters :

Claude Chabrol, Odile Barski

録音技師 :

Jean-Bernard Thomasson

撮影技師アシスタント :

Olivier Dessalles, Nicolas Herdt

製作部長 :

Yvon Crenn

Editor :

Monique Fardoulis

スクリプト :

Aurore Chabrol

作曲家 :

Matthieu Chabrol

Costume designer :

Corinne Jorry

スチールマン :

Jérémie Nassif

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

テーマ :

事件, 殺人

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1998

フランス公開 :

13/01/1999

上映時間 :

1 時間 53 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

94.153

ビザ発行日 :

24/12/1998

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーデジタル

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (12)

BIFF - 1999

BIFF (韓国, 1999)

Selection

選出作品

Moscow - International Film Festival - 1999

Moscow - International Film Festival (ロシア, 1999)

Selection

パノラマ

ワルシャワ フランス映画祭 - 1999

ワルシャワ フランス映画祭 (ポーランド, 1999)

Selection

選出作品

プラハ フランス映画祭 - 1999

プラハ フランス映画祭 (チェコ共和国, 1999)

Selection

選出作品

メルボルン フランス映画祭 - 1999

メルボルン フランス映画祭 (オーストラリア, 1999)

Selection

選出作品

ベルリン国際映画祭 - 1999

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1999)

Selection

Official Competition

Website