このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク

A 長編映画 by Luc Besson

Produced by Gaumont

Release in France : 27/10/1999

  • Contents

俳優 (17)

映画製作・配給会社 (3)

Film exports/foreign sales :

Gaumont

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (38)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

15世紀、英仏百年戦争下のフランス。小さな農村に生まれた信仰深い少女ジャンヌ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は17歳を迎えて神の声を聞き、シノン の城で王太子シャルル(ジョン・マルコヴィッチ)に謁見。自分は神の使者だと語るジャンヌに国母ヨランド・ダラゴン(フェイ・ダナウェイ)と重臣らは不安 を抱きつつも、彼女に軍を率いることを許す。白い甲冑に身を固めたジャンヌはデュノア伯ジャン(チェッキー・カリョ)らが待つ前線に向かい兵士を鼓舞、み ごとに勝利した。英国軍との激戦のさなか、ジャンヌは矢に胸を貫かれながらも命をとりとめ、英国軍を退却させた。この勝利で王太子はシャルル7世として即 位。その間もジャンヌは進撃を続けたが、ヨランドらはジャンヌの人気を危惧し、彼女を裏切って敵に売ろうとしていたため、軍は疲弊。気づくと、ジャンヌは 国内の敵たるブルゴ-ニュ派の黒頭巾の謎の男(ダスティン・ホフマン)の手中に落ちて、囚われの身となっていた。異端審問にかけられ、一度は改悛の宣誓書 を書かされたジャンヌだが、やがて良心が打ち勝ち、彼女は宣誓を拒否。かくして1431年ルーアンでジャンヌは火刑台に上り、19歳の生涯を閉じるのだっ た。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

At first, I didn't know much about Joan of Arc. I had a stereotyped, classic image of her that wasn't very interesting. Then I took a closer look at her story out of curiosity, and it really read like a thriller – there are so many gaps, uncertainties and also errors that you start playing Sherlock Holmes in order to figure things out. In the fifteenth century, aged 19, this young woman had such conviction, had such a career, had such an incredible destiny that I was truly impressed. It's amazing to realize that she was sentenced as a heretic and made a saint. And it's interesting to realize that she could only be one or the other, as though she had no right to be normal, as though those two extremes were linked by an invisible thread.

Luc Besson – Director, excerpt from the press folder

Videos

10/11/2015

ジャンヌ・ダルク

English trailer

Photos (2)

クレジットタイトル詳細 (10)

製作代表 :

Patrice Ledoux

フォトディレクター :

Thierry Arbogast

製作部長 :

Bernard Grenet

Editor :

Sylvie Landra

作曲家 :

Éric Serra

Adapters/dialogue writers :

Andrew Birkin, Luc Besson

Sound recordists :

Vincent Tulli, François Groult, Bruno Tarrière, Ken Yasumoto

報道担当(映画) :

Isabelle Sauvanon, Nathalie Lambert

装飾 :

Hugues Tissandier

Costume designers :

Catherine Leterrier, Joséphine Gracia

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

英語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1999

フランス公開 :

27/10/1999

上映時間 :

2 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

94.742

ビザ発行日 :

29/10/1999

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Posters (1)

監督

ニュース (2)

映画祭でのセレクション (3)

セザール賞(フランス映画) - 2000

セザール賞(フランス映画) (フランス, 2000)

Selection (8)

Best Film

Best Costume Design : Catherine Leterrier

Best Sound : François Groult, Bruno Tarrière, Vincent Tulli

Best Production Design : Hugues Tissandier

Best Cinematography : Thierry Arbogast

Best Editing : Sylvie Landra

Best Original Music : Éric Serra

Best Director : Luc Besson

東京国際映画祭 - 1999

東京国際映画祭 (日本, 1999)

Selection

特別上映

受賞 (2)

セザール賞(フランス映画) - 2000

セザール賞(フランス映画) (フランス, 2000)

賞 (4)

César Award for Best Costume Design : Catherine Leterrier

César Award for Best Sound : Vincent Tulli

César Award for Best Sound : François Groult

César Award for Best Sound : Bruno Tarrière

Lumiere Awards - 2000

Lumiere Awards (フランス, 2000)

賞 (2)

Meilleur réalisateur : Luc Besson

Meilleur Film

代表団 (2)

Website