このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ロマンスX

ロマンスX

A 長編映画 by Catherine Breillat

Produced by Flach Film

Release in France : 14/04/1999

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Flach Film

Film exports/foreign sales :

Pyramide International

フランス国内通信社 :

Claude Davy & Emmanuel Egretier (ex-DDD Conseil)

Co-productions :

Arte France Cinéma, CB Films

フランス国内配給 :

Rezo Films

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (41)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

小学校教師のマリー(キャロリーヌ・デュセイ)は、モデルのポール(サガモア・ステヴナン)と付き合って3ヵ月。 だが早くも2人の関係はぎくしゃくし、もはやポールはマリーの体に触れることさえない。満たされないマリーは夜中に車を走らせ、バーで出会ったパオロ (ロッコ・シフレディ)とすぐに関係を持つ。さらに、自分の学校の校長ロベール(フランソワ・ベルレアン)と密やかな性の遊戯を繰り返すマリー。そんなあ る晩、帰宅したマリーをポールは珍しく抱き寄せるが、マリーのひと言に激怒し、彼女を殴り倒す。だがマリーは、その夜ポールの子を妊娠し、出産を決意。最 初は妊娠を喜んだポールだが、やがて荒れていき、陣痛が始まった朝も酔いつぶれて起きない。マリーは、家を出る前にガス栓を次々に開いていく。そして病院 で出産。同じ頃、ポールは自宅で爆死してしまうのだった。

Subject

"I haven’t done many things because I’ve been thwarted a lot by various kinds of moral and economic censorship. Even so, I’ve been in this

business for 25 years, which adds up to quite a while. It’s important to realize that something that was unacceptable at one time, not only becomes acceptable ten or twenty years later, but it actually becomes part of your identity. The questions I ask myself about taboos, obscenity and shame, these are things that should be accepted, but accepting them doesn’t mean you have to stop there. In my opinion, you have to keep on transgressing."

(Catherine Breillat, excerpt from an interview published in "Unifrance Film Newsletter," No. 18)

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (21)

製作代表 :

Jean-François Lepetit

Line producer :

Catherine Jacques

フォトディレクター :

Yorgos Arvanitis

撮影技師アシスタント :

Simos Sarketzis, Roger-Paul Tizio

製作部長 :

Eddy Jabes

Editor :

Agnés Guillemot

Assistant editors :

Christophe Nowak, Agnès Touzeau

Production Designer :

Frédérique Belvaux

Foley artist :

Pascal Chauvin

Costume designer :

Anne Dunsford-Varenne

サウンド・ミキサー :

Éric Bonnard

監督補佐 :

Michaël Weill

Screenwriter :

Catherine Breillat

録音技師 :

Paul Lainé

撮影技師 :

Éric Le Roux

報道担当(映画) :

Claude Davy

音声編集担当 :

Emmanuel Augeard

スクリプト :

Séverine Siaut

作曲家 :

D.J Valentin, Raphaël Tidas

キャスティング :

Michaël Weill

映画輸出業者 :

Éric Lagesse

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

愛, エロチシズム

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1999

フランス公開 :

14/04/1999

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

94.309

ビザ発行日 :

26/03/1999

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

禁止 :

16歳未満

Posters (11)

Director

映画祭でのセレクション (11)

Hong Kong French Cinepanorama - 1999

Hong Kong French Cinepanorama (香港, 1999)

Selection

選出作品

アカプルコ フランス映画祭 - 1999

アカプルコ フランス映画祭 (メキシコ, 1999)

Selection

フランス長編映画

テッサロニキ 国際映画祭 - 1999

テッサロニキ 国際映画祭 (ギリシャ, 1999)

Selection

特別上映

TIFF - 1999

TIFF (カナダ, 1999)

Selection

Contemporary World Cinema

Montreal World Film Festival - 1999

Montreal World Film Festival (カナダ, 1999)

Selection

世界の映画ー私たちの時代の反映

Melbourne International Film Festival - 1999

Melbourne International Film Festival (オーストラリア, 1999)

Selection

French films selected

Moscow - International Film Festival - 1999

Moscow - International Film Festival (ロシア, 1999)

Selection

パノラマ

Rotterdam International Film Festival - 1999

Rotterdam International Film Festival (オランダ, 1999)

Selection

長編映画公式セレクション

代表団

Website